和歌山県橋本市 フロアマット製作専門のFJ CRAFTは、縫製の美しさにこだわった商品を日本全国に販売しております。

RSS

最高級巨大ミニバン『トヨタ グランエース』発売♪

カテゴリ : 新車&新商品情報



こんにちは♪
まさです(・ω・)ノ

まだまだ朝は寒い日が続いておりますが、お昼には気温も上がり春がそこまできてるなぁ~って感じますね!(^^)
特に鼻がムズムズしてクシャミが出るたびに春の訪れを実感しております・・・( ̄▽ ̄;;(笑)
春になるのはとても嬉しい事なんですが、花粉症のわたしには辛い季節になりそうです・・・( ̄ii ̄)ズルズル (>人<) チーン!!(笑)


さてさて、2019年12月にトヨタより新型高級ミニバングランエースが発売されました(^^♪
アルファード/ヴェルファイアと並べると更に一回り大きく見えてしまうのも、グランエースのデカさを物語っています!!

ボディサイズは、全長:5,300mm × 全幅:1,970mm × 全高:1,990mmと巨大!!
ちなみにアル/ヴェルが、全長:4,950mm(+350mm) × 全幅:1,850mm(+120mm) × 全高:1,950mm(+40mm)!なので、いかにグランエースがデカいかお分かりいただけるかと思います!( ̄▽ ̄;;

また、グランエースは新世代FRプラットフォームの「TNGA」を採用する第1弾になり、次期型ハイエースに先駆けて投入する事となるので、次期ハイエースも気になりますね!


インパネ周辺の質感はアル/ヴェルには劣りますが、個人的には悪い印象はなかったです。
大きなATレバー、運転席の左側に配置されている手動式パーキングブレーキは、商用車をベースにしたことを実感させる部分でしょうか。。


座席位置は高く、サイドステップを使って乗り降りする事になります。
運転席に座ってみると、座席位置が高い分周囲を見降ろす感覚。
ウインドウの下端は低めに抑えられており、前方の視界は良い感じでした。


今回拝見させてもらったグレードは6人乗りの「プレミアム
2列目、3列目両方にアル/ヴェル同様のエグゼクティブパワーシートを装着!(◎o◎)!
こちらは2列目!


こちらが3列目!
両サイドが固定されたアームレストを備え、見栄えはかなり豪華です!(*^^*)


オットマンを大きく持ち上げて背もたれを倒すとこんな感じ!(3列目も同様)

2列目、3列目ともに、とても快適な室内空間が生まれます!(*´▽`*)

グランエースはモノコック構造で、後輪駆動を採用。
床面は後輪駆動システムや燃料タンクをカバーできる位置まで上げられ、前後方向の骨格も真っ直ぐに通しているためスライドドア部分の床面地上高は645mmとなっています。

ノア系3兄弟車の380mm、アル/ヴェルの435mmに比べても大幅に高くなっており、サイドステップを介して乗り降りする事になります。
ご高齢者やお子さんのいる家庭では、乗り降りに注意が必要ですね。


ラゲッジ部分は後席を一番後ろまで下げているとこんな感じ。

この状態での容量が281ℓ(シートバック上端まで)
多少の荷物も積めるスペースはありますが、大きいものは積めないです。

一番前までスライドするとこれだけのスペースが生まれます!

この状態ですと容量が1,255ℓ(シートバック上端まで)、ルーフまでだと1,738ℓのスペースが生まれます!
※容量(VDA法)


エンジンは、直列4気筒2.8Lクリーンディーゼルターボ。
1500回転以下でも、ターボ車にありがちな駆動力の低下が少ないそうです。
車両重量が2,700kgを超えるボディでもパワー不足を感じにくく、ノイズや振動も抑えられているようで、特に「プレミアム」は合わせガラスも装着されて一層静かとの事。




安全面では"Toyota Safety Sense"を全車標準装備。
さらに踏み間違い時や駐車を支援する機能が新たに搭載され、より幅広いシーンをサポートしています。


また試乗する機会があれば、実際に体感した事や調べたことを詳しく書いていこうと思います!(*^^*)
ミニバン好きなわたしとしてはちょっと気になりますしね~!( *´艸`)


日本でも人気のあるミニバン市場に新たに加わったグランエース!
先日開催された大阪オートメッセにもグランエースのカスタムカーがいくつか出ていたようです!(*^^*)

詳しくはトヨタさんのHPをチェックしてみてください!
   ↓   ↓   ↓   ↓
https://toyota.jp/granace/?padid=from_granace_navi_top


魅力たっぷりのグランエース発売に伴い、弊社でもぴったりなマットの発売を開始しています!( *´艸`)


ここで型取りの様子をちょこっとだけ~(^^♪
今回は型取りに必死で写真撮れなかったのですが・・・( ̄▽ ̄;;(笑)

運転席はアクセル下もしっかりとカバーし、フットレスト一体型と分離型から選択可能!
また、サイドステップやレールが隠れるラグマットもしっかりと型取り・製作しております!


もちろん!
弊社マットは全て空気触媒のカーフィール加工済みなので、車内はいつもクリーンで快適な空間ですよ♪

FJCRFTのカーマットは、フロアマット・ラグマットなどカバー力抜群です!!
多種多様なオプションもあって自分好みのカーマットを選んでみてはいかがですか?
是非ご検討を~(^^)


★フロアマット(一列目)★


★フロアマット(二列目、三列目)★



★サイドステップマット★


★セカンドラグマット★


★サードラグマット★


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

専用設計されたトヨタ グランエース用のカーマットをご購入の際は、是非ともFJ CRAFTの商品をご検討くださいね!(*´▽`*)


【楽天市場】→ トヨタ グランエース 商品一覧
https://item.rakuten.co.jp/auc-fujimoyo-youhin/c/0000000693/    

【ヤフーショッピング】→ トヨタ グランエース 商品一覧
https://store.shopping.yahoo.co.jp/fujimoto-youhin/fb717bfabb2.html   


★マット選びに悩んだら → 失敗しないカーマット選び
https://shopping.geocities.jp/fujimoto-youhin/2016_12/choice.html

★マットの生地でお悩みの方は → 無料生地サンプル請求
https://inform.shopping.yahoo.co.jp/fujimoto-youhin/entry.html

グローバルスタンダードを目指す!ヴィッツ改め『トヨタ 新型ヤリス』発売♪

カテゴリ : 新車&新商品情報



こんにちは♪
まさです(・ω・)ノ

暖かくなったなぁ・・・って思ったら寒波到来で前日との差が10℃以上も下がったりと、寒暖差の激しい日々が続いておりますが、皆さま体調は大丈夫でしょうか?
早く暖かくなってほしいと思いますが、そうなったらそうなったで花粉が・・・( ̄▽ ̄;;
今でも天気の良い日はムズムズしてます・・・(>_<)


さてさて、今月10日にトヨタより、
コンパクトカー『ヴィッツ』改めヤリスがフルモデルチェンジして発売されました(^^♪
「ヴィッツ」は日本での名前であり、海外では元々「ヤリス」と呼ばれていました。
今回のフルモデルチェンジを受け、4代目からグローバルネームに統一されることになります。


★ここでちょっとヤリス(ヴィッツ)についての豆知識( *´艸`)
ヴィッツはスターレットの後継モデルとして1999年に登場。
日本国外でのモデル名はヤリスとして販売されました。
エンジンは1.0L、1.3Lのものをダイハツが開発・製造。
1.5Lエンジンはトヨタが開発・製造を行い、欧州仕様ではディーゼルエンジン仕様も販売されていたそうです。
2005年のフルモデルチェンジに伴い、2代目モデルでは1.0Lエンジンを3気筒化。
2011年のフルモデルチェンジで登場した3代目モデルにはハイブリッド仕様が追加されました。
なるほど・・・φ( ̄ー ̄ )メモメモ


新型ヤリスはエンジン、プラットフォーム、ハイブリッドユニット等、全て一から新たに開発されました。
トヨタの商品技術戦略『TNGA』により、プラットフォームはコンパクトカー用のGA-Bを採用。
車体のねじり剛性は従来比30%増、車重はハイブリッド車両で50kgの軽量化を実現しました。
重心高は15mm下げられています。

ボディサイズは、全長3,940mm × 全幅1,695mm × 全高1,500mm
従来型のヴィッツと比較して全長が5mm伸びただけで幅・高さは全く同じです。

また、今となっては付いてない方が珍しいほど普及した省燃費技術「アイドリングストップ」非装着となっています。
トヨタとしては、TNGAエンジンを採用しており、スマートストップ(アイドリングストップ)が無くても同クラスで充分競合できるため設定をしていないとか。
確かに、TNGAエンジンを採用している新型カローラやRAV4には設定がないようです。


内装については、上級グレードのZにはピアノブラック塗装のメーターリングがついたデジタルメーターを搭載。
HYBRID X・X・X”Bパッケージ”の3グレードにはアナログメーターが設定されますが、4.2インチカラーTFT液晶のマルチインフォメーションディスプレイは全グレードに標準装備されます。


スマートフォンと連携できるディスプレイオーディオはヤリス全車に標準装備。
Bluetooth対応でUSB入力も可能です。
HYBRID Z・HYBRID G・Z・Gの4グレードには8インチ、その他グレードには7インチのディスプレイが設定されます。


注目はトヨタ車で初採用となるイージーリターンシート。
小柄なドライバーの場合、運転の際はシートのスライドをかなり前に出し、降車時は後ろに下げる必要がありました。
これでは乗り込むたびにシートの前後位置調整が必要になってしまいます。。
そこで、専用のレバーを用意し、前回のスライド位置までワンアクションで戻れる機能を装備しました!

また、オプション設定となる「ターンチルトシート」。
その名前の通りシートが外側にターンしながらチルトするのが特徴!
スカートで乗車時の際など、降りるのがとても便利になります。
詳しくはトヨタさんのHPに動画もありますのでチェックしてみてくださいね!

後席については先代ヴィッツよりは少し狭くなっているようですが、大人2人が乗るには問題ないと思います。
3人並ぶのはかなり窮屈感は否めないでしょう。。


エンジンはTNGAの思想に基づいた『直列3気筒1.5Lダイナミックフォースエンジン』を新開発し、排気量にかかわらず全グレードのエンジンを3気筒化。
それに伴い、3代目モデルで設定されていた1.3Lエンジンは今回で廃止となりました。

直列3気筒1.0Lエンジンは、排気再循環率やエンジン気筒内に吸い込む吸気によって発生するタンブル流(縦渦)を高めたこと、そしてフリクション低減やエンジン単体質量の6.0kg削減などの改良が図られ、新型のワイドレンジ小容量CVTが組み合わされています。

直列3気筒1.5Lダイナミックフォースエンジンは、シリンダーのロングストローク化やバルブ挟角の拡大をおこない、ギア比をワイドにした新開発Direct Shift-CVTを組み合わせて低燃費と高出力化を実現しました。

ハイブリッド車両の直列3気筒1.5Lエンジンはハイブリッド用に専用設計され、モーターやバッテリーも一新。
駆動用バッテリーは充電量の拡大により回生効率を向上。
放電量の拡大によるモーターアシストの強化により従来型よりモーター出力を30%向上させ、伝達損失を30%軽減させています。
ちなみにハイブリッド仕様の駆動方式にはFFだけでなく、新型の電気式4WDシステムも設定されました。

安全面では「M パッケージ」をのぞき全車に最新の「Toyota Safety Sense」を標準装備。
衝突被害軽減ブレーキである「プリクラッシュセーフティ」は、対前方車両はもちろん、昼夜の歩行者に対応し、夜間の歩行者対応はトヨタのコンパクトカーでは初となっています。
対自転車運転者は昼間だけですが、横断自転車(出会い頭の衝突)だけでなく、前方の自転車への追突にも対応するという。


また試乗する機会があれば、実際に体感した事や調べたことを詳しく書いていこうと思います!(*^^*)

トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」が改名した「ヤリス」がフルモデルチェンジ!
また、夏ごろにはGR ヤリスも発売予定との事で、かなり注目度アップ中の『ヤリス』

 ↑ ↑ GRヤリス、めっちゃカッコイイですよね!|壁|ョ・_・*)キュンッ+。*


詳しくはトヨタさんのHPをチェックしてみてください!
   ↓   ↓   ↓   ↓
https://toyota.jp/yaris/?padid=from_yaris_navi_top

GRヤリスのページはこちら → https://toyotagazooracing.com/jp/gr/yaris/


魅力たっぷりの新型 ヤリス発売に伴い、弊社でもぴったりなマットの発売を開始しています!( *´艸`)


ここで型取りの様子をちょこっとだけ~(^^♪


知らず知らずのうちに蹴ってしまって汚れてしまうサイドプロテクト部分のマットもしっかりと型取り・製作しております(*^^*)


ラゲッジ部分もしっかりと型取り!


分割ロングラゲッジマットサイドステップマットドアプロテクトマットも製作し、多彩なラインナップを取り揃えております!(#^.^#)
※下記もしくはショッピングページ参照

もちろん!
弊社マットは全て空気触媒のカーフィール加工済みなので、車内はいつもクリーンで快適な空間ですよ♪


FJCRFTのカーマットは、フロアマット・ラゲッジマットなどカバー力抜群です!!
多種多様なオプションもあって自分好みのカーマットを選んでみてはいかがですか?
是非ご検討を~(^^)


★フロアマット(フットレスト一体型)★


★フロアマット(フットレスト分割型)★


★分割ロングラゲッジマット★


★ラゲッジマット(タイプ1)★


★ラゲッジマット(タイプ2)★


★サイドステップマット★


★ドアプロテクトマット(運転席側・助手席側)★



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー---------------------

専用設計されたトヨタ 新型ヤリス用のカーマットをご購入の際は、是非ともFJ CRAFTの商品をご検討くださいね!(*´▽`*)



【楽天市場】→ トヨタ 新型ヤリス 商品一覧
https://item.rakuten.co.jp/auc-fujimoyo-youhin/c/0000000700/    

【ヤフーショッピング】→ トヨタ 新型ヤリス 商品一覧
https://store.shopping.yahoo.co.jp/fujimoto-youhin/7bf2b1fb7ab.html   


★マット選びに悩んだら → 失敗しないカーマット選び
https://shopping.geocities.jp/fujimoto-youhin/2016_12/choice.html

★マットの生地でお悩みの方は → 無料生地サンプル請求
https://inform.shopping.yahoo.co.jp/fujimoto-youhin/entry.html





















☆FJ CRAFT ネックピロー 販売開始♪☆

カテゴリ : 新車&新商品情報


こんにちは♪

まさです(・ω・)ノ
今回は新商品のご紹介をさせていただきたいと思います!(*^^*)


フロアマット専門店のFJ CRAFTより、
快適なカーライフをお過ごしいただくための必須アイテム
『ネックピロー』の販売を開始いたします!(^^♪


休憩や移動中の車内で眠れたとしても、首や肩に負担がかかってしまい起きた時に辛い経験をした事って誰もがありますよね・・・(>_<)


ドライバーや同乗者がちょっとした仮眠をとる際に、どうすれば短時間で快適かつ質の良い睡眠を取る事ができるのか・・・を、ちょっと真剣に考えてみました!( ー`дー´)キリッ

そのために必要なもの・・・、わたしたちは『枕』が重要だと考えました!


しっかりと首を安定させた状態で睡眠を取る事で、首や肩への負担を最小限に抑え、質の良い睡眠を取る事が可能になるんです!


ただ、車内に枕を持ち込んでも、シートを思いっきり倒さないと安定しません・・・。
後部座席の方なんて・・・無理・・・( ̄▽ ̄;;

そこで活躍するのがネックピローなんです!
ネックピローの最大の魅力は、座ったままでの寝やすさ!!

シートをしっかりと倒せない状態で寝てしまうと、重たい頭が垂れ下がってしまいかなりの負担になってしまいます・・・。。

こんなシーンもよく見かけますよね!
ちなみに人の頭ってどれくらいの重さがあるかご存じですか?

一般的に成人であれば、だいたい体重の10%くらいと言われてるんです。
 体重が50kgであれば約5kg、60kgであれば約6kgという事になります。
そりゃ首や肩にかなりの負担がかかってしまいますよね・・・(>_<)

そんな時に『ネックピロー』があれば、重たい頭を支えてくれるので首や肩の負担が軽減され、座ったままでも快適に睡眠を取る事が可能になるんです!(*^^*)


どんなネックピローがあるの・・・?
一般的にはクッションタイプと空気を入れるエアータイプの2種類に分類されると思います。
どちらにも良い点があるので最終的には好みの部分もあるかもしれません。。

・クッションタイプ
クッションタイプの良いところはやはり枕としての質の良さだと思います。
首や肩への安定感は空気を入れるタイプではなかなか出す事ができません。
欠点についてはどうしてもかさばってしまう点。。
空気を入れるタイプと違って小さく折りたたんで持ち運びはできない・・・。。


・エアータイプ
エアータイプは軽量かつコンパクトというのが最大の魅力!
小さく折りたためるので持ち運びもとても便利です。
ただ、使い心地や質の良さ、安定感などを追及するとクッションタイプにはなかなか勝ることができない部分も否定できません。
(エアータイプもいろいろな種類がありますので、好みの問題もあるかもしれません)


弊社も最初から片一方と決めたわけではなく、実際に両方のタイプを作ってみて、また使ってみて、いろいろ検証を致しました。
基本ベースとなる考え方としては『車での使用』を主とし、いろいろな意見交換をした結果、
質の良さ、安定感の良さという点から、
クッションタイプのネックピローを販売する事に決定しました!!(#^.^#)


こだわったポイントは『素材』!

★クッション性★
素材に綿を使用する事により、クッション性に優れています。
吸水性が高く通気性も良いので夏は涼しく、また綿は保湿性にも優れていますので冬でも暖かく使用していただけます!(#^・^#)

★肌触りと質感★
ポリエステルツイル生地を使用することにより、柔らかな肌触りと伸縮性に優れた素材で連続した使用でも不快感を与えません!
また、生地面に適度な光沢感があり、シワになりにくいのも特徴です!(*^^*)


おすすめポイント!

・ポイントその1
 → 首周りをしっかりと保護!(^^♪

・ポイントその2
 → 首の負担を大幅に軽減!(*^^*)

・ポイントその3
 → 肌触りの良さと快適なクッション性!(#^.^#)


プレゼント企画やイベントなどで購入いただいたユーザー様から、実際にご使用いただいた感想などたくさんのお声をいただいております!(*^^*)

ここでユーザー様のお声を少し!( *´艸`)

★Aさん
枕はちょうど良いかたさで、とても寝心地が良く助手席の疲れを取るのに最適です。
とても作りがしっかりしてて使いやすいです。
ほぼ娘が独占してます(笑)

★Bさん
自宅の座椅子で座っているときに眠る事があるんですが、いつもいつも首が痛くなって目が覚めてしまいます。
ゲットした当日、早速ネックピローを装着して自宅の座椅子で眠ってみましたが、痛みなく目が覚めました(笑
クッション性は良く、ホールド感も抜群で肌触りも良い感じです♪
嫁も使用し、気持ち良すぎたのか、早速嫁に奪われてしまいました(爆
仕事用にも欲しくなりました(笑

★Cさん
早速帰路の休憩にて使用しましたが、程よいクッション性で、とても楽に休むことが出来ました!
今後、休憩や車中泊にて大活躍しそうです。

★Dさん
仕事でも長距離を走る自分にとってはかなりのお役立ちグッズです
今もこのネックピロー使いながらパーツレビュー入力してますが硬さ、肌触り、かなりいいですね
形や硬さで使用中に首が締め付けられる物もある中、FJ CRAFTさんのネックピローはジャストフィット
ロゴもシンプルでカッコイイしオススメです

★Eさん
車移動、電車移動等首に着ければ、たちまち夢心地
クッションが固くもなく、柔らかくもなく最高。
車中泊にも使える万能クッション。

★Fさん
嫁さんが凄く欲しがっていた物なので当たって喜んでいました(*´∀`*)
確かに使ってみると首が気持ちいいです(*´▽`*)


などなど、皆さん気に入っていただけているようで、とても嬉しく思います!(*^-^*)


オフ会の遠征時や、ドライブなどでの休憩時、
質の良い快適な睡眠をお届けする、
FJ CRAFTのネックピローはいかがでしょう!(*´▽`*)


気になった方は、是非ショッピングサイトにてご覧ください!!(^^)!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
・楽天市場 → https://item.rakuten.co.jp/auc-fujimoyo-youhin/op-products-neck-pillow/

・Yahoo!ショッピング → https://store.shopping.yahoo.co.jp/fujimoto-youhin/op-products-neck-pillow.html

・Amazon → https://www.amazon.co.jp/FJCRAFT-%E3%83%8D%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%94%E3%83%AD%E3%83%BC-%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E6%A9%9F-%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96-%EF%BC%88%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%89/dp/B084RQB3VC/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=FJCRAFT+%E3%83%8D%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%94%E3%83%AD%E3%83%BC&qid=1581729947&sr=8-1



◆商品詳細◆
 ・材 質:ポリエステルツイル生地・綿
 ・サイズ:約300 × 230mm
 ・印 刷:昇華転写両面フルカラー印刷
 ・加 工:縫製加工
 ・生産地:日本

皆様のカーライフを豊かにするため、
わたしたちFJ CRAFTは、
これからも新しいアイテムを開発・販売していきたいと思います(^^♪
 

軽クロスオーバー 新しい遊べる軽!『スズキ 新型ハスラー』発売

カテゴリ : 新車&新商品情報



こんにちは♪
まさです(・ω・)ノ

つい先日お正月を迎えたと思っていたらもう2月。。早いですね!
今年は4年に1度のうるう年!
1年365日ではなく、366日となります!(^-^)
ここでちょっとうるう年についてわたしも知らなかった事があったのでお話を!

実はうるう年とは必ずしも4年に1度ではないそうなんです!(◎_◎;)
調べてたら『うるう年の計算方法』とやらを発見!!
正確なうるう年の計算方法は3つの条件によって計算されているそう。。
★西暦が4で割り切れる
★4で割り切れても100で割り切れる場合を除く
★100で割り切れても400で割り切れる場合はうるう年とする
1年で発生する時間の誤差が『5時間49分』・・・らしい。。
このズレを修正するためにうるう年が存在しますが、単に4年に1度とすると徐々にズレが大きくなってしまう事から100で割り切れる場合はうるう年にしない。
400で割り切れる場合はうるう年とする。
といった計算が必要になるそうです。。
なるほど・・・φ( ̄ー ̄;; )メモメモ

お勉強になりましたか?( *´艸`)(笑)
まぁ、うるう年の話はその辺にしておいて・・・( ̄▽ ̄)


さてさて、2020年1月にスズキより
軽SUVハスラーがフルモデルチェンジして発売されました(^^♪
当初はパッと見どこが変わった!?って感じでしたが、細かな部分が大きく進化しているようです!


外観デザインはボンネットフードやバックドアが直線的になり、ジムニーのような雰囲気も取り入れられたようにも見えます!

フロントマスクにはハスラーの特徴ともいえる丸目ヘッドランプを採用。
従来モデルでは台形だったフロントグリルが細長い長方形に変更されています。
これによってさらにヘッドランプが強調され、より一層に愛嬌のあるフロントマスクになっていますね!(*^^*)

また、ボディサイド後方にはクォーターガラスが追加され、6ライトキャビンになっています!


外観は従来型からのコンセプトはキープされた感じでしたが、内装は全体的に大きく変更されており、アウトドアなどのテーマを取り入れたデザインになっています(*^^*)


インパネ周りは『メーター』『ディスプレイ』『グローブボックス』が縁どられており、どこかしらタフネスな時計のイメージを受けました!( ̄▽ ̄)


シート形状も変更され、フロントは従来のベンチシートタイプからセパレート型に変更!
運転席と助手席の間には小さなコンソール収納が設けられており、機能性もアップしています。
軽自動車枠の制限により従来型より全高が15mm高くなっただけですが、ホイールベースを35mm延長したことにより室内寸法が大きく拡大!
・室内長2,215mm(+55mm)
・室内幅1,330mm (+35mm)
・室内高1,270mm (+20mm)
※( )内は従来型と比較して。
ボディサイズに制約のあるなかで、これだけ室内スペースを拡大しているのは凄いですね!
この広くなった室内スペースにより快適性はさらに向上しています。


また、リアシートのスライド量も拡大され、リアシートを前にスライドすることで荷室を広く使うことができます。
さらに、後席を前に倒すことでフラットなラゲッジスペースが生まれ、助手席も含めてフルフラットにすることも可能で、車中泊などにも対応できるようになっています。

パワートレインには、燃費が良く軽快な走りを実現する新開発の660cc自然吸気エンジンと、ゆとりある動力性能を備えるマイルドハイブリッドを組み合わせ。
トランスミッションには新開発のCVTが採用されているとの事。

走行性能を支えるボディ骨格なども見直しされ、新世代プラットフォームHEARTECT(ハーテクト)&環状骨格構造による高剛性ボディの採用、スポット溶接増しに加えスズキ初の構造用接着剤の使用、軽自動車初となる高減衰マスチックシーラーの採用により、優れた操縦安定性や乗り心地を実現。
これにより不快な音や振動を軽減して走りの質感が大いに高められているそう。

安全面では、予防安全技術「スズキセーフティサポート」を搭載。
進化したデュアルカメラブレーキサポートにより、夜間の歩行者検知や標識認識機能、後退時ブレーキサポートを可能としました。

さらに、ターボ車にはアダプティブクルーズコントロール(ACC)[全車速追従機能付き]と車線逸脱抑制機能をスズキの軽自動車として初搭載。

また、大型の9インチHDディスプレイ搭載のメモリーナビゲーションがスズキとしてはじめてオプション設定されています。


この辺りはまた試乗する機会があれば、実際に体感したことを詳しく書いていこうと思います!(*^^*)


人気のハスラーがフルモデルチェンジし、さらに軽市場が盛り上がりそうですね!(*^^*)

詳しくはスズキさんのHPをチェックしてみてください!
   ↓   ↓   ↓   ↓
https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/



魅力たっぷりの新型ハスラー発売に伴い、弊社でもぴったりなマットの発売を開始しています!( *´艸`)


ここで型取りの様子をちょこっとだけ~(^^♪

運転席は一体型と分割型を選択いただけるようにしております!(*^^*)


後部座席もしっかりと型取りし、運転席のシート下部分のマットも作成!


ラゲッジ部分は下段、上段、またシートバック部分もしっかりと型取り!

また、ラゲッジアンダーマットやフロアコンソールマット、またサイドステップマットやドアプロテクトマットも製作し、多彩なラインナップを取り揃えております!(#^.^#)
※下記もしくはショッピングページ参照

もちろん!
弊社マットは全て空気触媒のカーフィール加工済みなので、車内はいつもクリーンで快適な空間ですよ♪


FJCRFTのカーマットは、フロアマット・ラゲッジマットなどカバー力抜群です!!
多種多様なオプションもあって自分好みのカーマットを選んでみてはいかがですか?
是非ご検討を~(^^)


★フロアマット(フロント)★


★フロアマット(リア)★


★分割ロングラゲッジマット★


★ラゲッジアンダーマット★


★フロントコンソールトレーマット★


★サイドステップマット★


★ドアプロテクトマット★



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

専用設計された新型ハスラー用のカーマットをご購入の際は、是非ともFJ CRAFTの商品をご検討くださいね!(*´▽`*)



【楽天市場】→ スズキ 新型ハスラー 商品一覧
https://item.rakuten.co.jp/auc-fujimoyo-youhin/c/0000000686/     

【ヤフーショッピング】→ スズキ 新型ハスラー 商品一覧
https://store.shopping.yahoo.co.jp/fujimoto-youhin/bfa2f7b71bb.html   


★マット選びに悩んだら → 失敗しないカーマット選び
https://shopping.geocities.jp/fujimoto-youhin/2016_12/choice.html

★マットの生地でお悩みの方は → 無料生地サンプル請求
https://inform.shopping.yahoo.co.jp/fujimoto-youhin/entry.html

新車情報☆コンパクトハッチバック『Audi A1スポーツバック』全面改良♪

カテゴリ : 新車&新商品情報




こんにちは♪
まさです!(・ω・)ノ

今年も残すところ今日を入れて7日。。(◎_◎;)
振り返ると早い1年でした=3=3
皆さんやり残した事はもうないですか?
わたしはまだ年賀状書いてませんが・・・( ̄▽ ̄;;(笑)


さて、2019年11月にAudiよりコンパクトハッチバックA1 スポーツバックが発売になりました。

2代目にフルモデルチェンジした新型「A1 スポーツバック」



現時点でのラインアップは、
1.5L 直噴4気筒DOHCインタークーラー付ターボチャージャーエンジン搭載の「35TFSI アドバンスド」「35TFSI Sライン」を設定。
限定車は「35TFSI アドバンスド」をベースとした「1stエディション」250台限定
1.0Lエンジンのエントリー・グレードとなる「25TFSI」は、2020年の第二四半期に国内導入予定となっているようです。

新開発の35TFSIのエンジンは、高圧の直噴システムの採用などにより、
・最高出力110kw(150PS)
・最大トルク250Nm(25.5kgm)
を発揮する一方で、気筒休止システム「シリンダーオンデマンド(COD)」によって効率の良さも追求。
トランスミッションは、7速Sトロニックを採用。


エクステリアは、幅広く、低い位置にあるシングルフレームグリルと、パワフルなエンジンをイメージさせるサイドエアインレットがデザインのハイライトになっている。

また、ボンネット先端に設けた3分割スリットや、ワイドなCピラーも効果的なアクセントとなっています。


生まれ変わった2代目は5ドアの「スポーツバック」のみの設定。
現行6代目ポロと共有する前輪駆動のMQB A0プラットフォームがベースとなる。
ボディサイズは全長4,040×全幅1,740×全高1,435mmで、先代より55mm長く10mm高くなったが、全幅はキープ。
ホイールベースは2,465mmから2,560mmに延長した。

※☆MQB A0プラットフォーム☆
エンジン横置き且つフロントとリヤ側のオーバーハンクを短くホイールベースを長く取る事でキャビン(室内)の空間を広くしている。新開発のMQBプラットフォームは軽量化と高剛性なので低燃費と優れた運動性能も期待出来る。


インテリアには、10.1インチのタッチスクリーンを備えたMMIナビゲーションシステムや多機能のアウディ バーチャルコックピットを装着。
また、アドバンストキーやリヤビューカメラ、アウディパーキングシステム、デラックスオートマチックコンディショナー、シートヒーター(フロント)がセットになったコンビニエンスパッケージも装備している。
さらに、アクティブレーンアシストやアダプティブクルーズコントロール、プレセンスベーシック、ハイビームアシスト、ルームミラー自動防眩など先進運転支援システムをセットにしたアシスタンスパッケージも備えている。

センターコンソールを運転席側に傾けたドライバー志向な造形が、乗り手の心を走りへと向かわせます。

十分な容量を確保したラゲッジルームは、リヤシートを格納することで1,090Lもの広大なスペースが出現し、趣味やショッピングのシーンでも存分に活用できます。



詳しくはAudiさんのHPをチェックしてみてくださいね!

Audiホームページ
 ↓  ↓  ↓
https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a1/a1_sportback.html



弊社でもこの『Audi A1 Sportback』のぴったりなマットを販売しております( *´艸`)


ここで型取りの様子をちょこっとだけ~(^^♪

純正マットでは設定のないフットレスト部分や、よくお問合せのあるアクセルペダル下部分もしっかりとカバー!


後部座席も前席シート下まできっちりとカバーしています!(*^^*)


ラゲッジマット部分も細部までこだわってしっかりと型取り!(#^.^#)


もちろん全て空気触媒のカーフィール加工済みなので、車内はいつもクリーンで快適な空間ですよ♬


FJCRFTのカーマットはフロアマット、ラゲッジマットともにカバー力抜群です!!
また車種によっては多種多様なオプションもあって自分好みのカーマットをお選びいただけます(*^^*)
是非ご検討を~(^^)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

専用設計されたAudi A1用のカーマットをご購入の際は、是非ともFJ CRAFTの商品をご検討くださいね!(*´▽`*)



【楽天市場】→ Audi A1シリーズ 商品一覧
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
https://item.rakuten.co.jp/auc-fujimoyo-youhin/c/0000000486/     

【ヤフーショッピング】→ Audi A1シリーズ 商品一覧 
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

https://store.shopping.yahoo.co.jp/fujimoto-youhin/a12fs1.html


★マット選びに悩んだら → 失敗しないカーマット選び 
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
https://shopping.geocities.jp/fujimoto-youhin/2016_12/choice.html

★マットの生地でお悩みの方は → 無料生地サンプル請求 
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
https://inform.shopping.yahoo.co.jp/fujimoto-youhin/entry.html
前へ 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 次へ
LINE