和歌山県橋本市 フロアマット製作専門のFJ CRAFTは、縫製の美しさにこだわった商品を日本全国に販売しております。

RSS

大阪オートメッセ 2018

カテゴリ : イベント行ってきました♪
こんにちは♪
SNSの北村です(*°∀°)=3

なんだかんだと、日々が過ぎて気がつけばもう、2月も後半になっております。
2月は「逃げる」とよく言いますが、本当に逃げ足の早い毎日です。
特にこの時期、どちらの業界も年度末の仕事が押し寄せています。

卒業・入学を控えたお子様をお持ちの方に至っては、コチラもバタバタですよね~(*>_<*)ノ

ということで、先日行ってきました「大阪オートメッセ2018」のワクワクを(遅らばせながら・・・)
改めてご報告させて頂きます。


第22回を迎えた今回のオートメッセ。
600台を超える展示車に、来場者数は3日間でおよそ21万人( ゚д゚ )!!


600台の個性豊かなカスタマイズカーに終始、目を見張っておりました。


スワロフスキーが散りばめられたコチラの車。なんと、30万個ものスワロが眩しすぎ!
工賃、驚きの4千万円゚( ゚д゚)














イマ注目の、「ラバーディップ」
塗装がラバー素材ではがせる新素材。



とにかく、どのカスタマイズのコンセプトも聞けば聞くほど、見れば見るほど面白いものばかり。日本の主要メーカーから、カスタマイズのメーカー
車は、買って乗るだけじゃない、いじる楽しさで溢れていました(*´∀`*)




大阪オートメッセ2018

カテゴリ : イベント行ってきました♪
こんにちは♪
寒い雨が降る中、行ってきました「ひろげる つながる クルマのワクワク」


「大阪オートメッセ2018」



会場はパーキングから長い行列で、大変な賑わいを見せていました。



個性豊かなカスタマイズカーがずらり
身近な、あんなクルマやこんなクルマから、キラキラの高級車まで。



そして、今回一番楽しみにしていたのがFJCRAFTでワンオク作成した「BMW2002」



40年前のクラッシックカーがこんなにピッカピカに!!!

室内の空間にとってもピッタリの仕様で、安心しました。
























他にも、ビックリするようなカスタマイズカーばかりで・・・


詳しくはまた改めて、、、






大阪モーターショーに行ってきました

カテゴリ : イベント行ってきました♪
こんにちは☆
SNS担当の北村です。
和歌山では小雪がチラついて、朝出かけるのがツラくなってきております( TДT)
そんな中、とても熱~いイベントが開催されました♪

『第10回 大阪モーターショー』

第十回を迎える、西日本最大級のモーターショー
今回のテーマは「クルマがクルマを超える日ーーー進化と深化の物語」


東京・名古屋・大阪・福岡で展開され、それぞれ地元色が出ると言われています

インテックス大阪では12月8日(金)~12月11日(月)の間開催され、
どのブースも、大勢の観客の熱い眼差し、フラッシュの嵐でした


一番最初に目に飛び込んできたこちらのレーシングマシンは、ミニ四駆の実車サイズ!
ホビーメーカー、TAMIYAの真骨頂、「エアロアバンテ」最高速180km/h!



そして、トヨタのブース
『Concept 愛i』シリーズ。スイッチひとつで自動運転
EV、AIの組み合わせで、トヨタの示唆する未来空間が広がっていました

ガルウイングの扉が開くと車椅子ごと乗車可能
人工知能が、ドライバーの感情や嗜好を推定
何と( ゚д゚ )ッ!!「人を理解する」という

ドライバーの気持ちに先回りした提案で、「安全・安心」に導入する
正に、クルマが人に寄り添う時代が・・・



全体的なシルエットは、トヨタのプリウスでしょうか・・・



こちらは、より小型化されユニバーサル性を重視
やっぱり、形がトヨタらしい「IQ」?



こちらは、ホンダのコンセプトカー「アーバンEVコンセプト」



スポーツカーに、EVとAIを組み合わせ、新しいのにどこかノスタルジックな印象ですε-(´∀`*)ホッ



次世代SUV「CR-V」スポーツハイブリッド車



11年ぶりに復活した「NSX」
高性能ハイブリッドスポーツカー、異様な光に包まれて静かに輝いています



日産「NISSAN IMx」で完全自動運転の実現に
空間デザインの追求
「中」と「外」との繋がりは日本の武道から着想
日産らしい、クロスオーバーのデザインがとても美しかった



走行距離600kmの大容量バッテリーを新開発
スポーティーな走りで長距離ドライブも楽しめるそう



こちらは、スズキのコンセプトカー「e-SURVIVOR」
得意のコンパクトSUVに、より軽量化と走破性を重視した電動4WD
インパクトの有るこの1台に、そろそろ発表が近づいている新型ジムニーをかぶらせてしまうのは、期待しすぎでしょうか・・・



マツダの「魁 CONCEPT」
圧縮着火の制御技術で次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV X」の実用化
「日本の美意識」をより研ぎ澄ましたコンパクトハッチバック
マツダらしく、シンプルに美しい色気を漂わせています



トヨタ「Tj CRUISER」タフな新ジャンルコンセプトカー
今回のモーターショーで世界初披露



トヨタ「Fine-Comfort Ride」水素と再生可能エネルギーの活用で想定した、燃料電池自動車。
水素エネルギー源とする大電力量を実現「プレミアムサルーンの新しい形」として提案



こちらのラリーカーは2017年、世界最高峰のラリーFIA世界ラリー選手権(WRC)に参戦モデル。実は「ヴィッツ」なのらしい。
ヴィッツのポテンシャルを最大限に活かしたモンスターマシーン!



「GR HV Sports Concept」トヨタの通称86がベース
「THS-R(TOYOTA Hybrid System-Racing)」を搭載
トヨタらしいエアロトップスタイルに、迫力のあるマットブラックが何とも力強い
スポーツカーと環境技術のHYBRIDレーシングマシーンが実現!




マクラーレン 570S Spider
ため息が出ます



マクラーレン初、フルモデルチェンジした720S



レクサスにこの足回り( ゚д゚)最強です。



こちらは、ボンネットに怪しい模様
「グラインダー塗装」と呼ばれ、天候やライトの当たり具合で立体的な美しさが妖艶です
「Kuhl Racing」さんのブース、クールなカスタマイズカー!!! 




どのコンセプトも素晴らしいし、各メーカーの新型お披露目は人が溢れていました



ダイハツのブースにはとてもホッとした場面が



昭和32年(1957年)に発売されたダイハツ『ミゼット』






1963年発売『コンパーノ』

ダイハツでは、昭和に活躍し広く親しまれてきたこの2台からのアプローチで
観客を集めていました


環境に優しく、安心安全であること
EV(電気自動車)、AI(人工知能)、自動運転、水素カー、燃料電池、
色んなキーワードが飛び交い

私の頭は、情報がいっぱいでパンクしそうなほどでした










キャンピングカスタムのブースでも、クールなクルマが沢山見られました

日本経済を支える大きな自動車業界の向かう先
スポットライトを浴びながら回転している車達は、この先何十年後かの実現に向けて幾度となくテスト走行し、何十年後かに年老いた私の支えになっているかもしれません