和歌山県橋本市 フロアマット製作専門のFJ CRAFTは、縫製の美しさにこだわった商品を日本全国に販売しております。

RSS

車の豆知識~忘れがちな交通ルール~その2

カテゴリ : 車の豆知識
こんにちは♬
SNSの尾です(^O^)/

すっかり春ですね~♬
日中は半袖で過ごせるくらいの暖かさです(*'ω'*)
お花見やBBQをしたいな~と思う今日この頃です。

さて、以前に投稿しました「車の豆知識~忘れがちな交通ルール編~」ですが、≪高速道路の第一通行帯と第二通行帯についても書いてください≫というコメントをいただきました♬
と、いうことで本日は高速道路の交通ルールについて書いていきたいと思います(∩´∀`)∩

◆車両通行帯について
車両通行帯とは、道路に引かれた白色や黄色の線と線の間を車が走行する道路の事を言います。
道路交通法では、この通行帯に関して一般道路か高速道路かに関わりなく、
・原則、自動車は車両通行帯が2つの道路では左側の通行帯(第一通行帯)を
   車両通行帯が3つ以上ある道路では一番右側の通行帯以外を走行すること。
・自動車以外の車両は常に一番左側の車線を走ること。
・最右通行帯は、追越しや右折等のために空けておくこと
と定めています。

一番右側の通行帯を走り続けていると「通行帯違反」として捕まってしまいます
捕まる目安となる距離は、約2kmと言われています。この間、追い越すわけでもなく、走行車線が空いているのにずっと走り続けていたら、アウトです。
(※注意!!明確なルールはまったく決められていません、ご注意下さい!)

ちなみに、追い越し車線を利用できるのは(一般道も含む)
・追い越しをするとき
・道路外に右左折するとき
・右左折するとき
・交差点における指定道路区分従い通行する場合
・進路変更が禁止のの道路標示(黄色線)により進路変更ができないため通行する場合
・緊急車両を優先するとき
・やむを得ないとき
と、道路交通法第20条3に定められています。

◆路肩を走行してはいけません
高速道路の路肩は、緊急車両の走行やクルマの緊急事態や故障時の駐停車スペースとして存在しています。路肩を一般車両が走行すると、緊急車両の走行の妨げになったり、故障車と衝突する可能性もあります。
本線が渋滞し、クルマが進まないからといって、路肩の走行は絶対にしてはいけません。

◆十分な車間距離を
教習所でも習ったと思いますが、高速道路では十分な車間距離をあけないといけないことは覚えていますか?
目安としては、車速と同じだけの車間距離を取りましょう。(時速80km/hであれば車間距離は80m、時速100km/hであれば100m)
前を走るクルマと急接近し、事故につながる恐れがあります。急いでいるときでも、前方での予期せぬアクシデントに対応できるように十分な距離を取って運転しましょう。

なお、雨天時などで路面がぬれている場合は、普段の約2倍の車間距離が必要になります。


高速道路は、一般道に比べて走行速度が高いため、運転者の不注意や交通ルール違反が、大きなトラブルに直結します。急な割り込みは、急ハンドル、急ブレーキなど危険な運転をやめるのはもちろんですが、安全運転を心掛けて走行しましょう。


最後まで読んでいただきありがとうございました<m(__)m>
 

車の豆知識 ~忘れがちな交通ルール編~

カテゴリ : 車の豆知識
こんにちは~(^O^)/
SNSの尾です♪

私の自宅の近くに自動車学校がありまして、3月に入ってから教習車を見かける機会が増えました。
高校を卒業した子たちが、教習所に通い始めたのでしょうか(*´ω`*)
私が教習所に通っていた日から早10年、、( ゚Д゚)あっという間です。

教習所で基本の基本として習った「安全運転のマナー」ですが、何年も運転しているとつい忘れがちになってしまっていませんか?

今日は、「忘れがちな交通ルール」をおさらいしたいと思います(∩´∀`)∩

◆ひし形の道路標識
道路に描かれているひし形の標識、意味は覚えていますか?

2つ連続で設置されていて1つ目は横断歩道の40~50m手前、2つ目は30m手前の合図です。
ちなみに、信号のない横断歩道で歩行者が横断しようとしているのに車を停止しないと違反になりますので注意しましょう。

◆クラクションを鳴らす場所
クラクションをむやみに鳴らすと違反になります。
クラクションを鳴らしても良い場所は、
・見通しのきかない交差点や曲がり角
・危険を防止するためにやむを得ない場合
・「警笛鳴らせ」の標識がある場所
と決まっています。


◆ウィンカーを付けるタイミング
「ウインカーは曲がる30m手前、車線変更する3秒手前で出しましょう」と習ったはずです。

基本は30m手前ですが、交差点が密集している場所はウィンカーを出すタイミングが難しかったりしますよね。臨機応変に的確なタイミングで出しましょう♬
そして、バイクや自転車の巻き込み確認を必ず行いましょう!!!

◆安全不確認のドア開放
車を路肩に止めて車内から出ようとドアを開けた時、通行人や自動車にあたってしまったら大変危険ですよね。
急いでいると、ついつい後方の確認を怠ってしまいがちです。ドアを開けるときは、しっかり周囲を確認しましょう。


長年運転していると、ついつい忘れてしまいがちな安全運転のマナーや交通ルール。
この機会に、是非おさらいしてみてくださいね(^O^)/

最後まで読んでいただきありがとうございました♬
 

車の豆知識 ~居眠り運転防止編~

カテゴリ : 車の豆知識
こんにちは(*´∀`)/
SNSの北村です。

3月ももう後半、本当にこの時期、卒業式・入学式・年度末決算や引っ越しなど、
慌ただしい毎日ですよね。。。

睡眠は充分なはずなのに、春先のポカポカ陽気で午後のいい感じの時間帯に、スッーーと
眠気に襲われることはありませんか?

そう言えば、何十年も前の学生だった頃、いつもこの時間寝てたこと、今頃になって思い出しました(;´∀`)
授業中なら許されても(?)、運転中の眠気はとっても危険ですよヽ(`Д´)ノ

今回の車の豆知識は「居眠り運転防止」について

誰もが経験のある運転中の眠気
先ずは、どんな場所でどんな条件が多いのでしょうか

①長い直線道
運転操作が単純になり、緊張感がなくなり眠気が起きやすくなります

②交通量が少ない道路
漫然運転してしまいがちです

③高速道路
一般道とは違う緊張感がありますが、「流体刺激」がストレスになるため視界を前方の車に
固定した状態が続きます。
流れる景色から、前方だけを見ていればやがて静止した画像だけを見ている状態になります。
10分前と同じ姿勢、風景が続けば、肉体的・心理的にも疲労がたまり眠気が引き起こされます


④早朝2時~4時、14時~16時
時間帯も、重要な条件のひとつです

⑤春先は、気温や天候の崩れによって、交感神経と副交感神経のバランスが崩れやすくなります。副交感神経が優位になると眠くなります。
また、日照時間が長くなるに連れ、自然と睡眠時間が短くなるという傾向も。

最近は、睡眠負債という目に見えない負債を抱え日々ストレスと戦っている人たちが増えています。。。

視点が1点に集中した状態が続くと、顔の筋肉が動かなくなり
前方を見ていたつもりが、意識は遠のき記憶が曖昧になり。。。

とんでもない、大事件を引き起こしかねません
ゾッとします



では、どうすればイイのでしょうか。。。

1,停車して仮眠
休憩・仮眠を取りましょう

15~30分を目安に休憩しましょう
適度なストレッチで、頭をスッキリさせましょう

2,窓を開けて換気しましょう
新鮮な空気で、深呼吸しましょう

二酸化炭素の濃度が高いと眠気が誘発されるそうです

3,体を冷やす
冷たい水で顔を洗うと、交感神経が刺激されます

4,カフェインを摂取
実は、コーヒー一杯ではリラックス効果が出てしまいます。


眠気覚ましには250~300mg程度が必要
(コーヒー一杯は100mg...(^o^;))))

5,ガムなどを食べて、アゴを動かす
何か食べるや、話をするだけで脳の覚醒を促すことが出来ます

6,歌をうたう
信号待ちで、歌ってる人を見ても見なかった事にしましょう

7,眠気防止ドリンク
小さい容量で効果が期待できます

8,前日は充分な睡眠時間を取りましょう
睡眠不足が居眠りの原因、大前提です


最近ではドライバーが自覚していない浅い眠気を察知するカメラを開発中だとか。。。
低コストでドライバーの目の奥の角膜の反射まで検知するという。
眠くなる前に、何らかの刺激を与えて居眠り運転を防ぐというもの。

近未来のクルマには、小型カメラがいたる所に搭載されるようですね(´ε`;)…

ということで、春のドライブ
楽しい会話が弾んだ素敵な思い出作りたいですよね~
お気楽お一人様は、歌でも歌って気分転換しましょう


どうか、みなさま安全で楽しいドライブを



車の豆知識 ~車上荒らし編~

カテゴリ : 車の豆知識
こんにちは♪
SNSの尾です\(^o^)/

ポカポカと暖かい日が続いていますね♬
先週末、ついに冬物の服を片付け春物を引っ張り出しました(^O^)/
これで、お出掛けシーズンの準備万端です( *´艸`)
GWが待ち遠しいですね~♡(気が早い)

今回の車の豆知識のテーマは、お出掛けする事が多いこのシーズンに気を付けたい≪車上荒らし対策≫について♪

実は、私も子どもの頃車上荒らしに遭い、ゲーム機を盗まれて悲しい想いをしたのを覚えています。
車上荒らしの被害は年々減少傾向にあるそうですが、それでもまだまだ被害件数が多いのが現状です。
狙われやすい場所や時間帯、被害に遭わないための対策について書いていきます。

◆被害に遭いやすい場所や時間帯
実は、車上荒らしの被害が最も多い場所は「自宅の駐車場」なんです。(屋外に駐車している車が大半を占めます。)
統計では、深夜から朝方にかけて被害が多いとされていますが、日中の犯行も多く、事実上安全な時間帯というものが存在しません。
また、飲食店やスーパーの駐車場など、車が密集する場所もターゲットになりやすいです。

コンビニの駐車場で狙われることもあり、少し買い物するだけのつもりが、車に戻ってみると荒らされたあと……なんてこともあるようなので、ビックリしますよね。
車上荒らしの犯行は、私たちの想像を絶するスピードで行われるんですね。

◆車上荒らしの手口
犯行の手口はシンプルで、まず車のガラス越しに品定めをします。その後狙いをつけた車のサイドガラスを叩き割り、ドアロックを解除し、金品を盗みます。
また、手間となるガラス破壊が不要な未施錠の車が最も狙われやすく、中には車内で仮眠中の運転者を差し置いて犯行に及ぶこともあるそうです。怖いですね。。
その他の手口には、ドアの隙間にドライバーなどを差し込み、テコの原理でドアを捻じ曲げたり、鍵そのものを破壊するケースもありますが、近年では鍵の防犯性能の向上などの理由でこのような手口はあまり見られなくなってきました。


◆車上荒らしに遭わないためには
車上荒らしの被害に遭わないためには、まず動機を与えないことと、対象にならないことが大事です。
1.車を離れるときは、短い時間でも必ず施錠、窓も閉めておく。
2.車内に金品は置いておかない、どうしてもの場合は外部から見えない場所に置く。
(工具等も、盗難のターゲットになりやすいので注意しましょう。)
3.窓には防犯フィルムを張っておく。
4.車上荒らし対策グッズを装着する


◆簡単にできる車上荒らし対策のご紹介
被害件数は年々減ってきていると言っても、まだまだ件数の多い車上荒らしの被害を防ぐために、多種多様な防犯グッズが発売されていますね。
その中から、いくつか紹介したいと思います(*^^)

1.セキュリティーステッカー
貼っている車をよく見かける、セキュリティーステッカー♪
いろいろな種類がありますが、夜間でも目に入るタイプがオススメです。

出典:https://item.rakuten.co.jp/emfac/store_sec_car_02/
貼っているだけで効果があるので、とても簡単に安値でできますね♪


2.ナイトシグナル
置くだけで安心の、ナイトシグナル。
遠くからでも光が見えるタイプだと、充分な威嚇になりますね。

出典:https://item.rakuten.co.jp/geki-car/4122241/


3.防犯カメラ
いろんな場面で活躍している防犯カメラ。
もちろん車上荒らし対策にも活躍します!

いかがでしたか?

いつ、どこで、誰の身に起こるか分からない車上荒らしの被害。
自分の車には盗まれる様なものは乗っていないから~と侮ってはいけません。
日頃使うようなCDや小銭なんかを盗まれるケースもあります(>_<)

しっかり対策をして、大事な愛車を守ってあげましょう<(_ _)>

最後まで読んでいただきありがとうございました。
 

車の豆知識 ~クルマの花粉対策編~

カテゴリ : 車の豆知識
こんにちは♪SNSの北村です。
少しずつ春がやってきました。庭先にフキノトウの蕾をみつけました。
食べないくせに、取りたくなるんですよね~


3月になると、重たいコートがいらなくなりポカポカ陽気になって、気分もなんだか楽しいです

と、同時に厄介なのが「花粉」
2018年の花粉情報を調べてみると、
「青森県は、例年と比べて非常に多い予測。東北、関東甲信、四国地方は特に注意が必要]」とのこと


日本の杉林のほとんどが、植林された人工林
北海道から九州までの広範囲に渡っています。
杉は、樹齢25年から30年の頃に雄花をたくさんつけるようになります。
現在、約8割が樹齢30年と言われ、戦後に行われた植林の弊害が花粉症という形となり、年々、全国的に影響が広まってしまっているといえます

それに伴い、野外に車を駐車している方は、まず運転席に座り真っ直ぐ前を見て思うこと。
「ホコリ?花粉?PM2.5?」
この時期は、春の風に乗っていろんなものがフワフワしております。

ワイパーを動かせば、その場所だけきれいになりますが、逆になんか気になる、この汚れ
なんとか、ならないものでしょうか



対策は・・・

こまめな洗車です。普段しない人もやはりこの時期だけは洗車しましょう。

そのまま放置しておくと、ボディーコーティングが剥がれたり、ボディーに傷が付いてしまいます。
また、花粉がついた状態で雨が振り、その状態のまま乾燥してしまうとボディーが腐食してしまうというのです。
花粉が濡れて、乾燥するとペクチンという物質を排出します
このペクチンが原因で、ボディーが腐食、コーティングが剥がれたり塗装がめくれたりするのです。

花粉がつきやすい場所はルーフとボンネット
面積が大きいことと地面と平行であることが原因で、汚れが落ちにくくなっています

また、フロントガラスとワイパーのゴムの間も要注意。
ワイパー動かしても、花粉を集めているだけですもんね


では、具体的な方法は。。。
水で洗い流すことです。
その後はカーシャンプーなどで汚れをしっかり洗い流すこと。
花粉で、ボディーを傷つけないように、最初に水でしっかり花粉を洗い流すことをおすすめします

洗車する暇もないほどいお忙しい方、花粉の跡が消えない方にオススメは、専用クリーナーです。
コチラは、鳥の糞や虫などの汚れを落とすもので、花粉のしつこい原因
タンパク質(鳥の糞や、虫などの成分と同じもの)を除去してくれます

もっと頑固な花粉シミには、暖かいお湯(50~70℃前後)で洗い流す方法を取ります
時間が経ったシミには、じっくり時間をかけて雑巾などでそっと拭き取りましょう

また、花粉の時期、春の雨がよく降ります
雨が降った後は、なるべく早急に洗車するのを心がけましょう

気をつけたいことは、「ワックス」です
洗車でしっかりと花粉を落としきっていないと、花粉の上からワックスがけすることになります。
ボディーを傷つけてしまうのはもちろんですし、最悪の場合腐食の原因にもなります

花粉が付かないようにするためには。。。
「ワックス」で付着しにくくし、付いてもサッと落とせるようにしておくことです

前もって、花粉が飛ぶ前に洗車してコーティングしておく。。。ということですね

マメな方は、この時期に限らず洗車してコーティングされているかもしれませんね(^o^;
 
1 2 3 4 次へ