和歌山県橋本市 フロアマット製作専門のFJ CRAFTは、縫製の美しさにこだわった商品を日本全国に販売しております。

RSS

週間マットコレクション 9/22


こんにちは~
SNS北村です☆





9月も後半に差し掛かり、いよいよを満喫したくなってきました

日差しも、程よく空気もカラッとしていたならやはり、どこかにドライブですよね♪
美味しいランチをするだけのために、ちょっと遠くに出かけたくなりませんか
車が好きな皆さんなら、自分の愛車が一番だとは思いますが・・・

今回は、今にわかに大人の間で流行りつつあるオープンカー♪」
ある方とお話させて頂いた際に、すごく素敵だな~と気持ちが高揚したことがありました
「昔乗りたかった車を、今 少し余裕が出てきたので乗っています」
その方は、数台の車を所有しているそうで、その時は、20年ほど前の欧州車のオープンカーを乗ってらっしゃいました
大切にされているのが手に取るようにわかるほど、とても綺麗に乗られていました

歳を重ね、時代が流れて各車メーカーの取り組みはより軽量で安全なクルマです

ただ、昔免許取りたての時のあこがれの車種の記事は今でもネットで見かけては
じっくり読み込んでしまいます

今週は、その憧れの乗りたかった「オープンカー♪」について・・・
少し調べてみました

☆オープンカーとは。。。
フルオープン・セミオープン
ハードトップ・ソフトオープン
自動・手動開閉などなど

海外モデルでも、呼び方が色々あります
 
コンバーチブル・カブリオレ・スパイダー

既存車種をベースにしてつくられ、居住性の高い「コンバーチブル」「カブリオレ」
オープンカー専用ボディードアやサイドウィンドウが無く、折りたたみ式の屋根だけを付けるタイプは「バルケッタ」「ロードスター」「スパイダー」などと呼ばれています

「コンバーチブル」「カブリオレ」の違いは車としての違いではなく言語圏や国による言い回しによるもの
また、メーカーそれぞれで読んでいる場合も



例えば、ポルシェではセンターピラーを残してルーフを取り外す「タルガ」または「タルガトップ」は商標を取っているので、他車では使われません




ロールスロイスは「コーニッシュ」

「コンバーチブル」は主にアメリカ車、イギリス車につけられる名称で
その意味の通り、複数の様式に転換できる事
オープンと、クローズに切り替えができると言う意味
ハード(ソフト)トップを取り付ける構造を持っていないと条件は満たされず、
屋根だけではなく、ドアガラスが上がり完全なクローズドボディーにできることも条件になっています

メルセデス・ベンツSLKは形態はコンバーチブルですが、メーカーとしては「ロードスター」と呼んでるのは、トップが完全に車体内部に隠れるため
オープンカーの中でも2ドア・2シーターの車を「ロードスター」と呼びます

1910年代からあり、当時は幌がついていない、完全なオープンでした
簡易的な屋根が装備され、オープンカーとして設計された車だけをロードスターと呼びます

また、アウディーA4カブリオレは、幌を車体に格納できますが、スポーツカーではないため「ロードスター」と呼ばれていません


世界累計生産台数100万台に達する世界で最も売れているオープンスポーツカー
「マツダ ロードスター」
日本でももちろん、世界でも人気のある車です




どうでしょうか・・・
今週は、オープンカーの幌は全開で
秋風を身体に感じに素敵な時間を過ごしに出かけてみませんか


◆マツダ◆ロードスター
◆マットカラー◆クロス ブルー
◆オーバーロック◆スカイブルー
◆ステッチ◆レッド
◆ヒールパット◆レッド 

roadster crossbl 11.24.jpg


◆ダイハツ◆コペン
◆マットカラー◆アーバン ベージュ
◆ステッチ◆レッド

copen urbanbeige .jpg


◆メルセデス・ベンツ◆Cークラス
◆マットカラー◆ウェーブ ベージュ
◆オーバーロック◆ダークブルー
◆ステッチ◆ブルー
◆ヒールパット◆ワイドタイプ ブラウン

mercedes-benz.c-class.‎cabriolet.wbe.odbl.sbl.hwbr.jpg


◆BMW◆Z4
◆マットカラー◆ループ ブラウン
◆オーバーロック◆ホワイト
◆ステッチ◆レッド
◆ヒールパット◆ベージュ

bmw Z4 roopbrown  .jpg


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 
インスタグラムは毎日更新してます♪
 
【楽天市場】商品一覧
【ヤフーショッピング】商品一覧

マット選びに困ったら、実際に手にとって見て下さい。
 
無料生地サンプルはこちらをクリック
※無料でお送りいたします
弊社Facebook内のSHOPページ車のフロアマット専門店 FJ CRAFT
『いいね!』『フォロー』してもらえると嬉しいデス♪
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

試乗レポート 



メルセデス ベンツGT-s
刺激的な速さとコントロール性

乗車形式 試乗
メーカー/モデル名 メルセデスベンツ GT-s
乗車人数 2人
使用目的 通勤 買い物 レジャー
おすすめ度 ★★★★★


bmw2f46.wavegr.oore.sey.jpg
総評
AMG GTシリーズはスペースフレームを持つスポーツクーペで搭載するエンジンは4L V8直噴ツインターボ  スペックは
最高出力:510ps/6250rpm
最大トルク:66.3kgm/1750-4750rpm ドライサンプ化されたE/gはフロントミッドシップに搭載、ミッションはデュアルクラッチ式オートマのAMGスピードシフトDTCを搭載 前後重量配分は47対53のかなり理想的な前後重量配分で乗り味非常にコントローラブルで乗っていて楽しい、加速性能は0-100の加速:3.7秒と言うだけあってアクセルを踏み込めば暴力的な加速を見せてくれる、まさに「公道に放たれたレーシングカー」と言うイメージ、ボディー剛性も非常に高次元で目に見えないロールバーとフルスポット増しの車に乗っている錯覚に陥る、それだけボディー剛性はしっかりとした物を感じる、その剛性の恩恵かロングノーズ形状であるにもかかわらずステリングの入りが凄く良く、回頭性が非常に良い足回りとボディーとの一体感が素晴らしい。 
乗っていて楽しい車なのは間違いない一台!


乗り心地


bmw2f46.wavegr.jpg
ボディーが高剛性故のゴツゴツ感は否めないが、私自信こう言う味付けは好きでした
ガッチリした剛性感をステアリングからや身体全体で感じることのできる一台


燃費
試乗車のため不明、このE/gスペックからは良いとは言えないと思います。   
積載性
2ドアクーペとロングノーズ故、積載性は無いに等しいですラゲッジルームはありますがゴルフバッグは積載できません。


故障経験
試乗なので、不明

満足している点
最近のAMGは「走りの演出」が素晴らしいです、具体的にいえば排気音やインテリアの雰囲気作り 特別な世界にいる感じにさせてくれる 乗り心地も車種それぞれのカテゴリー分けが明確で そのあたりのそつのない作り込はさすがベンツクオリティ。超高速域の圧倒的な安定感もさすがとしかいいようがありません、GTシリーズもリアルスポーツカーとして考えれば最高な一台だと思います。

bmw2f46.wavegr.oore.jpg

不満な点

全く私はありません、むしろ大好きな一台です。


走行性能

最高出力510psを発生するV型8気筒4Lツインターボエンジンは7000rpmまで一気に吹け上がり、7速DCTは多少のショックも厭わず凄い速さで変速を行い、強烈に背中を押してくる
あまりの加速に一瞬無重力感覚に陥る、、、
走行性能は言うまでもなく最高でスポーツ傾向に振っている印象、スポーツ性能を純粋に楽しむ方には何ら苦痛になることもない。
この車にラグジュアリーな乗り心地を求めるのはNG

ただし踏み込めばの話で、普段ゆっくり優雅にスポーツカーを楽しむのも有り。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

専用設計されたメルセデス・ベンツ AMG GT専用のカーマットをご購入の際はぜひ、FJCRAFTの商品をご検討ください!(^^)!

楽天市場:メルセデス・ベンツ AMT GT商品一覧
ヤフーショッピング:メルセデス・ベンツ AMG GT商品一覧

 
マット選びに困ったら、実際に手にとって見て下さい。
 
 
無料生地サンプルはこちらを
※無料でお送りいたします
弊社Facebook内のSHOPページ車のフロアマット専門店 FJ CRAFT」に 
『いいね!』『フォロー』してもらえると嬉しいデス♪
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ソフトバンクホークス優勝おめでとう~

カテゴリ : お知らせ

softbank.jpg

こんにちは、SNS北村です☆
台風が吹き荒れる先週末、リーグ優勝、決まりました!!!
甲子園で、熱くなったと思ったらあっという間にもうこんな時期になってしまっていました。大人になるに連れ、野球は甲子園がいいよね~って思ってたのに。。。
工藤監督が、男泣きしてたらそりゃ、こっちだって胸が熱くなります。
「1ダホー!」の合言葉のもと、まさにチームもファンも一丸となって掴み取ったリーグV奪回。柳田が打つ、サファテや東浜が投げ、松田が吠える
九州は、去年の熊本地震から、豪雨災害・・・
復興に向かい、大変な日々を送る方がたくさんいらっしゃいます

工藤監督はじめ、ホークスは選手・球団挙げての被災地支援活動も積極的に行ってきました『ファイト!九州』をスローガンに、もう一度九州を一つに
懸命に、最後まで諦めない姿勢と全力疾走する姿。胸を打たれます


男泣きのインタビューシーンが胸を熱くさせられました。



連日、熱い試合が繰り広げられひと足先に決まったリーグ優勝
そして、目が離せない次の舞台はクライマックスシリーズ

朝晩寒くなってきたとは言え、野球界は熱い日が続きそうです。

それに伴い、FJCRAFTの商品も、Yahoo!ショッピングページにてポイント10倍のチャンスです。
祝!!!リーグ優勝 プレミアム会員様限定
9月22日(金)00:00~9月24日(日)23:59 緊急開催決定!!!



それぞれの車種に、オリジナル形状で丁寧に作り上げた専用のカーマットは
材料から、職人までMade in Japan・Made in Wakayamaにこだわり
一枚一枚丁寧に、施工した『空気触媒 カーフィール』で24時間カーマットをクリーンな状態で維持 雑菌の繁殖を抑制してくれます

また、これからの季節イヤなジメジメや、冬に向けての抗ウイルス対策にも大変効果的です。








◆マットカラー◆アーバン グレー
◆オーバーロック◆スカイブルー
◆ステッチ◆イエロー


o.skyblue.s.ye.urbanwhite sienta 2.jpg


◆マットカラー◆ループ ブラウン
◆オーバーロック◆オレンジ
◆ステッチ◆レッド
◆ヒールパット◆ワイドタイプ レッド


sienta roopbr.o.o.s.re.p.re 2.jpg






◆マットカラー◆エクセレント ベージュ
◆オーバーロック◆ダークブルー
◆ヒールパット◆ワイドタイプ 


toyotarankuru.excbe.odblu.hwide (2 - 2).jpg


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


★弊社インスタグラムのURLを記載しておりますのでご参考にしてくださいませ★
インスタグラム


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



和楽オフ会☆肉♪肉♪マッチョツーリングに行ってきました\(^o^)/


こんにちは♪
秋風が心地よい今日このごろ♪秋の行楽シーズン到来ですね(*^^*)
そんな素晴らしい天候であろう時期に
和楽のオフ会で淡路島に行ってきましたヽ(^o^)丿
そう!明石海峡大橋からの眺めは最高なはずだったんですが…
当日は生憎の雨!
台風18号が近畿地方にやってくる前日だったのです(^_^;)

そんな台風の雨、秋雨前線にも負けず私たちは出発しました♪
第一待ち合わせ場所、第二待ち合わせ場所と立ち寄り、参加者さまと合流♪
みんな揃ったところで淡路島へ渡ります(*^^*)




雨模様の明石海峡大橋です。。。
晴れた日に走りたかったですね(^_^;)



淡路SAに到着しました♪
雨は降っていますが、まだそんなに風はありません。



初対面の方もいらっしゃったので
ココで簡単に自己紹介などをしながら休憩です♪


少しお話を楽んだ後は
本日のメイン『レストラン大公』へ向かいます♪



淡路SAからはそんなに遠くなくて
少し走ると『レストラン大公』に到着しました\(^o^)/

さぁ!みんなで「いただきます(*^^*)」です。


お肉♪


そしてお肉♪♪


もぉーお肉を堪能しました(ノ´∀`*)
柔らかくて美味しかったです♪

この後、道の駅淡路に向かいましたが
雨風がきつかったので橋の下までは行けず…
いちじくを買ったり、玉ねぎ買ったりお土産を買って
室内で過ごすことに。。。
少しの間クルマ談義に花を咲かせました(*^^*)

台風の影響で明石海峡大橋が封鎖になるとお家に帰れません(^_^;)
それは困るので当初の予定を少し変更し
早い時間に本州へと渡りました♪
六甲のショッピングモールでゆったりとコーヒータイムを楽しんで解散となりました(^o^)




今回の淡路島オフ会は悪天候ではありましたが
8名の方が参加してくれました♪
参加の皆さんそれぞれとゆっくりと話が出来て楽しいオフ会となりました。

オフ会に参加して皆さんとお話する中で
いつも新しい発見があります。自分の知らなかったことなどなど教えてもらえます♪
そんな楽しさがあるから次のオフ会が楽しみになるのだと思います(*^^*)

次回もヨロシクお願い致します\(^o^)/
関連情報URL : http://fjcraft.net/

「#エフボーイ」を探せ‼ #7 吉岡朋紀さん

カテゴリ : #エフボーイ
こんにちは(*^-^*)SNS担当の田上です。
台風一過の青空が広がる今日。夏日になる地域もあるようですね。
体調管理の難しい時期。温度調節できる上着等持ち歩きましょう('ω')ノ

さて、前回は特別編としてエフガールさんの登場でしたが、今回は通常モードでお届けします♫
ご紹介させて頂くのは吉岡 朋紀(よしおか ともき)さん(31歳)
遠方にお住まいにも関わらず、弊社に足を運んで頂いてのインタビューとなりました。
まずは愛車の登場です(=゚ω゚)ノ

☆日産/フェアレディZ/フェラーリレッド/平成4年式

Zナナメ.jpg

なんて綺麗な赤!!インパクトたっぷりの存在感。パッと拝見しただけでも、こだわりがたくさん詰まっているのがわかります( *´艸`)
これはさぞかし車が好きな方なんだろうな~と思いきや
ちょっと意外な告白もチラホラ出てきたりして・・・(/ω\)

まず、フェアレディZに乗るようになったきっかけですが
免許を取得した頃、車に対して特に強いこだわりは無かったという吉岡さん
ひとまず家にあったジムニーに乗りつつ、当時人気があったワゴンRの購入を検討します
しかし、中古車でも結構な値段がするということで断念…
そんな時、壊れたままガレージに眠っているお父様の赤いフェアレディZに目を付けました。
壊れていたラジエーター等を修理して、めでたく乗れる状態に(=゚ω゚)ノ


それが最初の。そして19歳の頃。

「前のの部品が使えるから」というだけの理由で、全く同じ形のZを購入。
しかし後に長く乗ることになるこの車。今思えば
運命的な出会いだったのかもしれませんね( *´艸`)

購入したのは青のメタリック(純正)しかし、乗りたいのは赤い車
以前のZは朱色っぽい赤だったので、同じ赤でも綺麗な赤に乗りたい‼という想いから、塗り替えることに

みんなと同じがあまり好きではないんです

と仰る吉岡さんが沢山の色味の中から選んだのはこだわりのフェラーリレッド
憧れの360モデナの赤色と同じ色をオーダーしたんだそう( *´艸`)

と、ちょうどその頃、友達から勧められて観た一本のDVDが吉岡さんの転機となります

ワイルドスピード.jpgwildspeed2_1.jpg

2001年に公開され、世界的に大ヒットとなった「ワイルド・スピード
言わずと知れた名作で、車好きのみならず根強いファンの方も多いですよね。
その世界観にすっかり魅了された吉岡さん。映画に影響を受けてスポーツカーが好きになり、急に車をイジり出すようになったんだそうです(=゚ω゚)ノ

主人公や仲間たち、劇中に登場する様々なカスタムカーを意識して
ジャンルは「スポーツコンパクト
注)スポーツコンパクト・・・アメリカの学生や若者が安くて壊れにくい日本車を改造して乗り出したことが始まり。
基本的に走行・運動性能の向上のみならず、見せる(魅せる)ことを重要視する傾向があるといわれる。


そこから車の集まりに誘われて色んな所に顔を出すようになります
思い出の場所は泉大津PA・紀の川SA・吉備PA
まさにワイルドスピードのような車がずらーーっと並び、その当時人気のあったカスタム雑誌「D-CAR(現在は廃刊)」に載っている同世代のオーナーさん達もよく来ていて、活気があったんだそう('ω')ノ

19、20歳の頃に色んな人に会って色んな刺激を受けました。振り返ればその頃が転機だったのかもしれませんね

冒頭で登場したZはそんな転機の頃からずっと大切に乗り続けている愛車。
手に負えない部分は業者さんに依頼したりするそうですが、基本的にメンテナンスやカスタマイズはご自身でされているんだそう(=゚ω゚)ノ

「ズボラなんで、メンテナンスは壊れたらそこを直すっていう感じで。純正部品がなければ社外パーツで間に合わせますし」

と仰りながらも、出来る限り自分でできることはやりたいというだけあって、必要な事はとことん調べるんだそうです。
勉強熱心ですね~~と言うと

「右から左です。終わったらすぐに忘れちゃいますから(笑)」とご謙遜

そんな吉岡さんにこだわりのカスタムについてお伺いしました('ω')ノ

・車高を下げる
・社外のホイール
・エアロパーツはヴェイルサイド
・フェンダーとボンネットにはFRPを使用(リアフェンダーワンオフ叩きだし3㎝)

など色々とありますが、やはりこの車で一番インパクトが強いと言えば…
このシザードアではないでしょうか?!

DSC_8179.jpg

カッコいいですね~~( *´艸`)
こだわりのシザードアを実現するため、アメリカから蝶番を取り寄せて板金屋さんに取り付けをお願いしたそうです。

アメリカ製なのでドアを開ける時に少し重くて、ちょっと不自然な開き方をするそうなのですが、普通のドアがこう変身するなんてすごいことですよね。
どんな車でもこうすることが可能というのには、本当に驚きました(゚Д゚)


「ガスの圧力で持ち上げているので、ふいにドアが落ちてくる時もあります。ランボルギーニとかとはやっぱり違いますね(笑)」

Zオープン横.jpg

ふいにドアが落ちるというのはちょっと怖いですが、それでもこだわり続ける姿勢は天晴です。
ドアをオープンにした時を想定してのステッカー配置もお見事!ですね。

ちなみにこのステッカーは、車に使用しているパーツのメーカーロゴでご友人の手作りなんだそうです(^O^)/

マット車内.jpg

こだわりの内装はこちら。弊社のマットをご愛用頂いています(*^-^*)
黒と赤で統一したいと選んで頂いたアーバンレッド。まるで内装の一部のように溶け込んでいますね。ベストマッチです!!

「フロアマットって値段が高くて後回しにしがちなパーツだと思っていました( ゚Д゚)」
そんなイメージから、今まで一度もフロアマットを変えたことがなかったという吉岡さん
ヒールパッドの位置調整ができること、以前の純正品に比べすべりにくくなったこと等
使い勝手も良く、気に入って頂いているんだそうです。

この値段でこれだけやってもらえるなら大満足です。質感もとても良くて汚したくないので、最近は濡れた靴で上がらないようにしてます」
とも言って頂き光栄です( *´艸`)

「あとはオリジナルのロゴ等が入れられれば最高ですね」というご要望を頂きましたが
やはり、こだわりを持つオーナーさん達からは本当にこのお声が多いですね。
いつか実現させたいオプションです(=゚ω゚)ノ

内装といえば…ちょっとご注目↓↓言われるまで全くわからなかったのですが
このシフトノブカバーとコンソールボックスの蓋部分。なんと…手作りなんです(゚Д゚)ノ!

シフトノブと台.jpg

「元のがくたびれていたので、ばらして型紙をとってミシンで作りました。買ったらみんなと一緒になるのが嫌なんで」
と笑顔で仰る吉岡さん


既製品と見紛うほどの出来栄えです!!
元々ミシンがお得意なのかと思えばそうではなく、この為にミシンを購入して教えてもらって縫ったというんですから、更に驚きです!!

DSC_8176.jpgドア.jpg

ドアの内張り部分とボトルの台座もご自分で作ったそう。もはや職人の域。もうあまりの器用さに驚きが止まりません(;゚Д゚)

ちなみに映画で見た事のあるこのボトル。私には謎のアイテムだったのですが、こちらはスポコンの定番アイテムNOS(ナイトラス・オキサイド・システム)
吉岡さんは「ワイルドスピード2」で使われていたNX社製の(ナイトラス・エクスプレス)をチョイス。

本来の目的のN2Oガスをエンジン内には噴射していませんが、CO2ガス充填してソレノイドから噴射する機能は有しているんだそう。
他と被らないようにというこだわりがここにも(=゚ω゚)ノ

そんなお話を伺いながらぐるりと後ろに回ってみると
ん??後ろのエンブレム部分から何やらキラリと反射するものが
こだわりのホイール部分も同じようにキラキラと…もしかしてこの煌きの正体は??

エンブレム.jpgホイール.jpg

そうなんです、スワロフスキー!びっしりと綺麗に付けられています!細かい!!
「女の子ウケが良くなったらいいな(^^♪」という可愛らしい理由で始めたのがやりだすとどんどん夢中になって、付け方やどんな糊を使うかなど試行錯誤した結果、4~5年も剥がれずにこの状態を保てているんだそうです。

吉岡さんのカスタムを拝見していると、相当な手先の器用さもさることながら、かなり根気の要る作業が多いように思われます。
もともと器用だったんですか??と伺うと

「そういえば…小さい頃、なんでもバラしてまた組み立てるのが好だったみたいで
父親のクラウンのダッシュボードのロックをねじで外して困らせたり(笑)
小学校の頃はミニ四駆で地元の模型屋さんの大会で1位とか2位とかもらってました。
何かをいじって何かが変化するのが好きなんでしょうね」との事。

”三つ子の魂百まで”とはよく言ったもので、小さい頃に好きだったことというのは
大人になってからの自分の土台になっていたりしますよね。

インタビュー中によく耳にしたのが「みんなと同じが嫌なのでというフレーズ
同じが嫌なら自分で作ってしまえばいい‼
吉岡さんの凄い所は本当にそれを形にしてしまう所(=゚ω゚)ノ

人と違うようにしようとすると失敗することもあるけど、やって気付く事もある

”失敗を恐れず オリジナルにこだわる”

吉岡さんのカスタムの原動力はそこにあるような気がします
けれど、そのバイタリティはどこからやってくるのでしょうか?

「とにかく暇が嫌い(笑)暇になると不安になる。常に何かをしていたくてじっとしているのが嫌いなんです。」

そう仰るだけあって、何もしない休日はほぼ皆無。
時間を有効に使いたい。とてもマメな方なんでしょうね。
一番の趣味は車いじりですが、好きなことは食べ歩き。そして釣り

スターバックスも大好きで、特に限定メニューには目が無いそうです( *´艸`)
基本的に用のない運転は嫌い(笑)ですが、何かを食べるためにドライブをするのは好きで、お住まいの和歌山県内のみならず遠方まで出かけることも多いんだそう。

かき氷.jpg桃パフェ.jpg釣り.jpgsutaba.jpg

吉岡さんのFacebookには美味しい物の投稿が溢れていて、コメントも複数の方から。
頻繁に更新するそうですが「SNSは文字だけなので、自分が伝えたい事がきちんと伝わるよういつも気をつけているんだそう。
相手のことを思いやる。そんな気配りができる方なんですね。

特にリアルでも繋がっている人とのやり取りが好きということですが、そのネットワークは海外にも広がりつつあるとのこと。

「アイコンが愛車のZだからか、海外のZ好きの方から突然メッセージが届くことがあるんです。その中でメッセージをやり取りするようになって、旅行がてら会いに来てくれたイタリア人の方がいたり。今秋にはドイツからの訪問もあるかも?」との事。

車という共通の好きがあれば国境も越えられるんですね(=゚ω゚)ノ

車を通じて沢山の人と出会って、色んな人の考え方を学べたから、車を好きになって本当に良かった。
いつかフェラーリの360モデナにも乗ってみたいけど、今の車をメンテしながらまだまだ大切に乗ってゆきます(*´ω`*)


お誕生日がこどもの日というだけあって、少年のように純粋で、笑顔が印象的な吉岡さん。
人見知りで話すのが苦手だそうですが、そんな風にみえないのはその笑顔のせいでしょうか??
穏やかで気取らない人柄で、楽しいお仲間が沢山いるのも頷けます。

これからも沢山の人との繋がりを大切に人生を楽しんでいってくださいね(*´ω`*)

マット持ち.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あんまり車自体には興味ないんです。でも自分の車には興味あります(笑)」
インタビューの冒頭、そうおっしゃっていた吉岡さん。
セカンドカーも所有していて実際この愛車に乗るのは週1回程度なんだそう。
あんまり洗車もしないし「ほんまに車好きなんか??」とよく言われます。と、冗談交じりに話してくださいました。

けれど、12年かけてカスタマイズされた車体から感じるものは愛車に対する並々ならぬ愛情。
こんなに大切にされて車もさぞかし幸せなのではないでしょうか?( *´艸`)
そんな風に感じる7人目の#エフボーイさんでした。

吉岡さん、この度はお休みのところ遠方よりお越し頂き本当にありがとうございました(*^-^*)
これからもどんな#エフボーイさんとお会いできるのか、今からまた楽しみです(^^♪
次回の更新をお楽しみに♪
 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ