和歌山県橋本市 フロアマット製作専門のFJ CRAFTは、縫製の美しさにこだわった商品を日本全国に販売しております。

RSS

車の豆知識~ハイドロプレーニング現象編~

カテゴリ : 車の豆知識
こんにちは~♪

いよいよ近畿も梅雨入りですね(´ノω;`)
毎日ジメジメ、、洗濯物が干せないストレス、、、。

そんな本日も、車の豆知識をお送りいたします♪
今回のテーマは、≪ハイドロプレーニング現象≫について。
聞き覚えがあるけど、何だったっけ?と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。
恐らく、教習所では何度も何度も口をすっぱくして気をつけましょうと言われたと思います<(_ _)>

そんな雨が続くこの季節に気をつけたい、ハイドロプレーニング現象について書いていこうと思います!

◆ハイドロプレーニング現象とは?
自動車などが水の溜まった路面などを走行中に、タイヤと路面の間に水が入り込み、車が水の上を滑るようになりハンドルやブレーキが利かなくなる現象のことです。水膜現象とも言います。
分かりやすく言うと「車が水に浮く」状態になり、ハンドル操作どころかブレーキすら効かなくなってしまう怖い現象です。


◆ハイドロプレーニング現象が起こる要因は?
ハイドロプレーニング現象は、
●雨などで路面が滑りやすい状態の時(雨の降り始め、路面に水たまりがある等)
●高速走行時
●タイヤが摩耗して溝が浅くなっている時
●タイヤの空気圧が低い時
こういった要因が重なることによって起こります。
絶対的な要因は「雨の日」ということです!!!

タイヤの種別が違っても起こりやすさが異なり、正常なノーマルタイヤでは時速80キロ以上、スタッドレスタイヤでは時速60キロ以上で起こりやすくなるといわれています。

◆もし起こってしまったら?
実際、ハイドロプレーニング現象が起きてしまったらどうしたら良いのでしょうか?

ずばり、「何もしない」です。
もし起こってしまったら、ハンドルを切らずブレーキも踏まず、自然にタイヤが止まるのを待つしかありません。

起こってしまうと、どうすることもできないハイドロプレーニング現象。
非常に危険なので対策として、タイヤの点検(空気圧チェック、溝のチェック)をこまめにしましょう!!!


最後まで読んでいただき、ありがとうございました<m(__)m>
 

~Enjoyマット by みんカラユーザーズ ~ #18 やぶやぶ86さん

カテゴリ : Enjoyマット by みんカラユーザーズ
こんにちは♪

GWもあっという間に終わり、春も終わり梅雨の季節がやってきますね。
車好きな方には、洗車をしても雨、、(´ノω;`)という辛い時期ではないでしょうか。
ジメジメして気持ちが沈んでしまって、、ついつい引きこもりがちになってしまいますよね(゜o゜)
梅雨時期に綺麗に咲く紫陽花を見に出掛けたり、カメラが好きな方は雨の写真を撮りに行ったり、気持ちが沈みがちになってしまう梅雨だからこそ、楽しく過ごしたいですよね~ヾ(*^∀^*)ノ

そんな梅雨入り直前の本日も、お車が大好きな「みんカラ」ユーザーさんをご紹介します♪
第18回目のユーザーさんは、ホワイトとブラックのボディーがかっこいいTOYOTA 86を愛車にされている「やぶやぶ86」さんです((* ´艸`))

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ハンドルネーム:やぶやぶ86さん

https://minkara.carview.co.jp/userid/2964398/profile/


簡単な自己紹介:

大阪で86に乗っています、今までは車検ごとに乗り換える飽き性な性格でしたが86は楽しい車で5年目に突入しました!


愛車のメーカー・車種・色・年式など:


トヨタ86サテンホワイトパール 2013年式



愛車のこだわりポイント:

外装は白黒で地味に、内装は赤黒でまとめています。




お気に入りのスポット:


和歌山の白崎海岸 滋賀のメタセコ並木 三重の青山高原 



ご愛用フロアマット(マットカラー等):

チェックアーバン オーバーロック赤 ヒールパッド赤



選んだポイント:


内装の赤に合わせるため。          



ご購入にいたったきっかけ:

①純正マットの特にアクセル下に穴があいてきた為
②直接伺がい現物を見たらとても出来が良かったし従業員さんの対応も良かった


ご愛用の感想(車内の雰囲気がどう変わったのか):

純正マットは黒一色なので葬式みたいな暗いイメージだったが赤を入れることでお祭り騒ぎのように華やいだ。


メンテナンス頻度やお手入れ方法:

週一洗車の時に布団たたきでパンパンするだけで綺麗になる。


フロアマット交換のタイミング:

病んできたら交換



(もしまたご購入いただけるなら・・・)ご希望点:文字や図柄も入れれたらいいかな。


ひとこと: 

とても満足しております、同じ86乗りからも好評でした。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シンプルながら細かい部分にこだわりが詰まった86さんヾ(*^∀^*)ノ
この86さんと色んなところに出掛けられているやぶやぶ86さんです♪
86のお友達と出掛けられた写真を拝見しましたか、どれもこれも楽しそうで素敵な写真ばかり(^^♪
かっこいい86集団が走っているのを見かけると、きっと目を奪われてしまいますよね((* ´艸`))

やぶやぶ86さんのフロアマットは、弊社にお越し頂き実際に車内にマットを置いてみて選んでくれました♪
大人しい方なのかな?と思いきや、話してみるととても面白い方で楽しい時間を過ごさせていただきました((* ´艸`))
内装にバッチリ合ったアーバンレッドのフロアマット、車内の雰囲気がパッと明るくなりますよね♪
やぶやぶ86さんがおっしゃるように、純正の真っ黒なマットから明るい色のマットに変えると、足元だけじゃなく車内全体の雰囲気がガラッと変わります(〇^∀^〇)
やぶやぶ86さんのように内装の雰囲気に合わせると統一感も生まれてかっこよくなりますね★

実は先日も、サイドステップマットとドアプロテクトマット、サイドプロテクトマットをご購入いただきました♪
車内の細かな部分にまでこだわりが詰まった86、愛情が注がれているのが伝わってきて、こちらまでなんだか幸せな気持ちになりますね♥

やぶやぶ86さん、この度はお忙しい中ご協力いただきありがとうございました。
また、いつでも弊社に遊びに来てくださいね♪
今後とも、よろしくお願い致します<m(__)m>

              FJCRAFT スタッフ一同
 

車の豆知識~5月といえば自動車税編~

カテゴリ : 車の豆知識
車の豆知識~5月といえば自動車税編~

こんにちは♫FJCRAFTです。
5月の中頃のこと。自宅のポストに2通の封書が届いていました。
中を開けてみるとそこには「自動車税」の納税通知書が・・・

alt

マイカー歴の長い方からすると当たり前のことかもしれませんが、車生活2年の我が家にとってはまだあまり馴染みのないこの税金。
しかも昨年頑張って乗用車を購入してしまったものだから、金額が増えることはなんとなくわかってはいたものの…正直震えましたね(;゚Д゚)


【ちなみに我が家の自動車税の例】


乗用車(1500cc車)   34500円 ×1台
軽自動車        12900円 ×1台
-----------------------------------
計           47400円


これはなかなかの出費です。大金です。
合計金額もですが、あれ?軽自動車の方の金額にひっかかる。

「ん??い、いちまんにせんきゅうひゃくえん???」

軽自動車税って7000円くらいじゃなかったっけ??(もう15年ほども前の記憶)
どうやら2015年から車齢13年(初年度登録から13年)を超える車は自動車税が15%割り増しになったという事実が判明。

ちなみにJAMAの調査データによると、1800ccの新車を180万円で購入して13年間使用した場合に所有者が負担するお金は税金だけでなんと約170万円!そのうえ13年が経過すれば更に高い自動車税を払う事になるなんて…辛い(;゚Д゚)


そういえば、先日JAFから届いた月刊誌に書いてあって驚いたのが
自動車に関する税収は約8兆円であり、日本の租税総収入の約8パーセントを占める
8パーセント?!これまたすごい金額ですよね。
もはや自動車を多く所有している人は高額納税者と呼ぶに値するのでは…
それにしてもなんでそんなに税収が多いのか??
調べてみてわかったのが、自動車に課せられる税金の種類の多さ。
その数なんと9種類!!

alt

◆車の購入時にかかる
①自動車取得税
②消費税


◆持っているだけで毎年かかる
③自動車税
④軽自動車税
⑤自動車重量税


◆燃料にかかる
ガソリン税(⑥揮発油税+⑦地方揮発油税
⑧軽油引取税
⑨石油ガス税
※②消費税



必ずしも1台の車に対して全ての税金が課せられているわけではありませんが、なんとも複雑で分かりづらいですよね。燃料に対してもこんなに税金がかかっていたなんて。知らなかった…(゜_゜)
しかも燃料に関してはガソリン税を含んだ金額に対して消費税がかけられていて二重課税ではないかという問題もあるそうで・・・

掘れば掘るほどややこしそうなのでこの辺でやめておきますが、とにかく車を所有する=沢山税金を払わなくてはいけないというこの国の構図はよくわかりました。

ちなみにクルマ大国アメリカは極端に自動車税が安く、ある試算によるれば日本の自動車税はアメリカの約24.4倍!ドイツと比べても2.2倍と言われているんだそう。
確かに、これでは車離れの一因と言われてもしょうがないですよね。
都市部の人はともかく、車がないと生活に不便な地域も沢山あるのに…
もう少しどうにかならないものでしょうかねぇ、切実に。

alt

で、この多額の税金は一体何につかわれているのか?
気になりませんか?ちょっと調べてみました(゜-゜)

そもそも自動車に関わる税金は道路特定財源という道路整備(道路の舗装や高速道路の整備、地下鉄、モノレール、幹線道路沿いの光ファイバー網整備などにも使用)だけに使う財源を確保するために創設されてきたもの。

ところが2009年、その道路特定財源は使途を限定せず使えるように一般財源化されたんだそうです。ということは、現在は使い道が特定されていない。
自動車に関する税金だからといって、交通関連に使われているわけではないんですね。
これまた驚きです。

また自動車税は地方税なので、その税収は車の所有者が住んでいる地方自治体のものとなります。しかも使い道が特定されていないので、各自治体はその税金を色んな形で使うことができるということですよね。
私達の支払った自動車税は、一体どんな風に使われているのでしょうか??
なるべく良いことに使われていることを願うばかりですが、どうか使途を明確にして頂いてしっかりと皆の役に立つことに使って欲しいですね(・ω・)ノ

最後に、自動車税の納付は原則一括払いですが事情がある場合は分割で支払うこともできるそうです。※各都道府県によって対応が異なります。応相談。
来年の5月に向けて積み立てでもしようかなぁ…

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました(*´ω`*)

沢山のみん友さんが遊びに来てくれました(*^^*)

カテゴリ : お客様いらっしゃいました♪
ここ最近、日中は暑い日が続いてますねε-(´∀`*)
近年増加している熱中症!
屋外だけじゃなく高温多湿の室内でも発症するので、
これからの季節、こまめに水分補給をしたり体調管理など、皆様熱中症対策はしっかりと!!

そんな初夏の日差しの中、
かっこいい車に乗ってる沢山のみん友さんが遊びに来てくれました(*^^*)

皆さんの細かい部分までこだわりが詰まった愛車♡
さぁ~ご覧ください(*˘︶˘*).。.:*♡
alt

凄く綺麗な個体のMR2!!大切にされてるのが伝わってきます♪
実はこのお車のオーナーさん、女の子なんです♡(*´艸`*)♡
先日のイベントでドレコン2位!!の入賞者さんで、賞品のマットが出来上がったので引き取りに来られました♬

出来上がったマットがこちら↓↓↓
alt

どうです~(*´ω`*)?
目を引くビタミンカラー!!

alt

車内に装着してみると。。。
オーナーさんは『足元が明るくなった~(*^▽^*)/』
と喜んでくれました♡
ほんと、明るくて元気な感じの雰囲気に車内が変身しました♡




では、次の方♡
先程のMR2の女の子と一緒に来てくれました、コペンのオーナーさん♡
お洒落なコペン(*´ω`*)キュン♥

こちらのオーナーさんもマットの引き取りです(^^)
以前ラゲッジを作っていただいたのですが、
今回、それに続きフロアマットを新調してくださりました♪♬♪

alt

出来上がったマットがこちら↓↓↓
alt

どう、どうです(*´艸`*)??
レッドとブラックでスポーティースタイルでかっこいいですよね(〃∇〃)!!
alt

ミラー、ホイル、車内のレッドのパーツととてもマッチしていて素敵です♡
お洒落に統一されてますね~❤(ӦvӦ。
細部までこだわられています♡


さぁ~まだまだこだわられている方続きますよ~(*´艸`*)


続いて、
Zな方々(^^♪
alt
デデ~~~ン!!!!

こちらのお車も先日のドレコンで3位に入賞された33Z\(^o^)/
もちろんマットの引き取りです♡
装着されたマットがこちら↓↓↓
alt

どう、どう、どうです(*´∀`*)???
ハンドルも気になりますがマットをみて下さいね~(笑)

車体と車内に合わせてお作りになられたマット♡
落ち着いた感じでCOOLですよね(*˘︶˘*).。.:*♡
大人な感じ❤(ӦvӦ。)いい感じ❤(ӦvӦ。)

皆さん、お車に愛着が合ってほんとこだわってらっしゃる♪
で、今回33Zくんのマット引き取りに一緒に来てくれました、
お仲間さんたちです\(^o^)/

ど~ぞ~♡いらっしゃ~い♡
alt
いつもお世話になっているt君♪

alt
34Zの2台(^^♪ 
今回2台お揃いのマットを発注してくださいました(*´ω`*)♪
ありがとうございます♡

alt
迫力ありますね!!

alt
いつもオフ会などでおなじみ、赤の34Z aさんの愛車♪

alt
86GR♡
Oさんの愛車です(*´∀`*)
こちらもかっこいいですね~♫♪


皆さんの素敵なお車を並べ、お決まりの車トークを和やかなムードで楽しみお帰りになられました(^^)
カッコイイ後ろ姿に、良い音を響かせて帰っていかれましたよ~(*´∀`*)


皆様、楽しい時間をありがとうございました♬
お越しいただけて嬉しかったです(*^^*)
また、お時間があるときに遊びに来てくださいね☆

「#エフボーイ」を探せ‼ #12 ひらひらひらやんさん

カテゴリ : #エフボーイ
こんにちは、SNS担当の田上です♫
風薫る五月と呼ぶに相応しい季節。皆様いかがお過ごしでしょうか?
先月末に開催されたコラボオフ会では沢山の方にお越しいただき、楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございます(*^-^*)

さて、今回の#エフボーイさんはお忙しい中オフ会に駆けつけて下さった
みんカラネームひらひらひらやんさん(49歳)をご紹介したいと思います(=゚ω゚)ノ
早速愛車のご紹介から♫

☆TOYOTA/プリウス50/パールホワイト/H28年式


雲一つない青空の下、純白ボディの美しさがより際立ちますね~
お車を拝見した時に感じた印象は❝洗練されたシンプル
さて今回はどんなお話を伺うことができるのでしょうか??色々と伺ってみました♫

まずは恒例の愛車遍歴。

初めての愛車は22歳の頃手に入れたSUBARU/レガシィツーリングワゴン
「10万km連続走行の世界速度記録達成及び平均速度は223.345km/h」
というキャッチコピーもあいまって乗りたい欲が高まっていたところ、なんとも運よく奥様のご兄弟から譲り受けることに!
性能も良く、とっても気に入っていたのですが残念ながらガソリン代が高く(ハイオクで5~6㎞/L)乗り換えを決意します。その当時、織田裕二さん主演のドラマでも使用されたツーリングワゴンでした。

次に選んだのはTOYOTA/エスティマルシーダ
お子さんの事も考えファミリーカーを選択。4年ほど乗ったのち、ご自身いわく「税金が安くなるというメリット優先で、あんまり考えずに選んでしまった」という日産/CUBEライダーに乗り換えます。7年乗りましたが遠出の際にあまり荷物が乗らないことやお子様の成長に追い付かなくなってきた為、やはり大きい車をということでTOYOTA/NOAHに乗り換え。

ちなみに、ひらひらひらやんさんが車をカスタマイズするようになったのはNOAHの頃から。
当時自分と同じ車種のカスタムを常にHPにアップしている方
がいた事と車好きな二人のお子様の影響が大きかったんだそう。
それがきっかけとなり「みんカラ」に登録。みんカラ歴はこの5月でなんと13年!
みんカラの開設が2004年8月なのでかなり初期からのベテランさんですね(* ´艸`)


そのNOAHにも7年乗りましたが、車検前のタイミングに色々と好条件が重なったので、同じメーカーであるTOYOTA/VOXYにチェンジ。
カスタムを楽しみながら4年ほど経った頃、お子様も成長し大きな車が必要ない状況になったので「自分が本当に欲しいクルマ」に乗ろうと決意。


ご自身にとって初の愛車だったレガシィの走りの良さ、安定感がずっと忘れられずSUBARU/レヴォーグを購入しようと決意。
試乗もしてほぼ決めていましたが最終的に予算が合わず・・・断念。
そんな時、以前NOAHを購入した時にお世話になったディーラーさんから「今なら在庫があるのがこちらです」
と紹介されたのが現在の愛車である
TOYOTA/プリウスでした。



買取と納車のタイミングがぴったりであったこと、燃費の良さからトータルコストを考えて「プリウスという選択肢もアリかもしれない」と思ったひらひらひらやんさん。
試乗なしで購入を決意!!

実際、購入当初は車高が低く感じたりして違和感があったそうなのですが
乗り心地や質感、自動ブレーキや安全装備等の新しい技術に驚きつつも徐々に感動を覚えるように。燃費は通常22~23㎞/Lで伸びる時はなんと30㎞/Lになることも!
ハイブリッドカーの凄さを実感する数字ですね。

プリウス=ありふれていて面白くなさそう
という以前のイメージはどんどん払拭され、乗ればのるほどにその素晴らしさを実感!
そんな、今ではすっかりお気に入りとなったひらひらひらやんさんの愛車について、こだわりのカスタマイズを紹介していきますね~(=゚ω゚)ノ



一番のこだわりは?の問いに迷いなく答えて頂いたのはこのプリウスのお顔部分のパーツ
「これをやることによってレクサスっぽくなるんですよ」と仰るひらひらひらやんさん。

確かに!プリウスなんだけどレクサスっぽい!
何かが違うなぁとは思っていましたが、ここにポイントがあったんですね(゚д゚)!
このパーツはマークレスグリルガーニッシュというもので、取り付けはご自身でなさったとか。みんカラのパーツレビューに投稿した際、一番反響の多かったカスタムなんだそう。



お次はこちら。RAYSのホイールシリーズが沢山ある中でこれが一番ピンと来たんだそう。
はめている人が少ないのも決め手のひとつ。なんだか珍しい色味ですよね。メタリックかつマットな質感。素敵です♪




通常は無地のナットですが、購入日限定でメーカー名入りのオリジナルナットを付けてもらえたんだそうです。特別感がプラスされていい感じですね~。
ホイールですのでやはりお値段も張りますが「今回は妥協しなかった」と仰るひらひらひらやんさん。

「値段は高くてもこれだけはこだわりたい!が叶えられたので、やった感があります(*´ω`*)」と満足気に話して下さいました。

その他にはNANIYA LED シーケンシャル ツインカラーファイバー
ウィンカーと連動してラインが流れるように光るパーツですが、間近で見たのは初めてでした。こちらも自分で配線して埋め込んだんだそう。
やっぱり車好きの皆さんは、器用な方が多いですよね。

写真を撮りたかったのですが、お天気がよすぎたので断念(>_<)

カスタムに関しては「みんカラ」と大きくなった二人のお子様からのアドバイスを参考にすることが多いんだとか。
弊社のフロアマットもみんカラでご覧になり気になっていた所、仲良しのみん友(まさ37さん)の記事を見て更に興味を持っていただきサンプル請求されたんだとか。
色選びは奥様の意見を反映し❝車の質感をそこなわず汚れの目立ちにくい❞プレミアム生地のミックスグレーを選択。



シートに施された青のステッチとも相性がいいですし、とっても高級感があります。センスの良い奥様ですね(^^♪
ちなみにラゲッジマットだけは元々やりたかった黒に赤の縁取りのマットをオーダー。
←整備手帳はこちら

「マットが届いて入れ替える際1枚ずつ比べてみたんですが、あまりの違いにびっくりしました」と仰るひらひらひらやんさん。

しっかりした厚み、特にフィット感の凄さ。後部座席中央の微妙な盛り上がりにもぴったりフィットし、かつ前の座席のシート下まで広くカバーしている点など
見えないところについてのこだわり❞を感じて頂けたんだそうです。

「その差は歴然なのに、それでいて価格は純正の約半分。これには本当に驚きました」奥様にも喜んでいただけたようで本当に良かったです(*^^)



さりげなく、でも人と違う感じにはしたい
というのが第一にあって「じゃあどうすればいいか??」と考えながらカスタマイズしてきましたと仰るひらひらひらやんさん。
あまり過剰なカスタムは好まず、外装・内装・装備のトータルバランスを重視しているんだそう。


「今やっと完成形に近づいてきた感じです」そう嬉しそうにお話される姿からは愛が滲み出ていて、本当にお車が好きなんだろうな~というのが伝わってきました。

プリウスに乗り換えてからは休日にご夫婦で遠出することが増えたんだそう。グルメ好きの奥様の為に、美味しいご飯と綺麗な景色のある所を目的地にすることが多いんだとか。
去年のGWには山口県の角島に行って絶景を楽しんだんだそうです。
いいですね~♪憧れます(*^_^*)

❝一番の趣味は車❞

子どもの頃から車が好きで、刑事ドラマのカーチェイスシーンを見ては大興奮!特に好きだったのは「西部警察」に登場した赤と黒のスカイラインRSターボ
調べてみたら色んな改造車が出てきてびっくりしました。車好きの方にはたまらないドラマだったでしょうね。




憧れの車はニュルブルクリンク24時間レースで目にしたSUBARU/WRX
注)ドイツのニュルブルクリンクで毎年開催されるADAC主催の耐久レースのこと。24時間でどれだけ長い距離を走れるかを競う。毎年5月から6月の初夏に開催。日本では「ニュル24時間レース」や「ニュル24耐」といった略称で知られている。2018年は5月12~13日に開催され、スバル/STIは総合62位で完走を果たし、SP3Tクラスでの優勝を獲得しました。


↑↑写真は2018年モデル

この耐久レースには毎年200を超えるチームがエントリーしていて、日本からもTOYOTAやSUBARU等がチームとして参戦。
一周25km、高低差300m、約200のコーナーをもつ「緑の地獄」と称される伝説のコースを走るため、ゴールした順位に関わらず完走しただけで賞賛が与えられるんだそう!
過酷なレースゆえのトラブル、それをチーム一丸となって乗り越えるドラマなど毎度見応えがあるそうです。

「結構好きで毎年見ちゃうんです。数少ない日本人ドライバーが健闘する姿には同じ日本人として燃えますし、順位よりもとにかく完走して欲しいという気持ちで見ています」と仰るひらひらひらやんさん。

初めての愛車がレガシィで、現在憧れる車はWRX
でも、今のひらひらひらやんさんにとって一番の相棒はこのプリウス
最初はそこまで好きじゃなかったけど、一緒の時間を共にする中でどんどん好きになっていった。
それもある意味、運命の出逢いと言えるのかもしれませんね。

シンプルの中に見え隠れするひらひらひらやんさんらしいカスタム、これからも楽しみにしています♪



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

紳士的な佇まいで、とても丁寧に言葉を選んでお話される姿が印象的だったひらひらひらやんさん。
実は前回ご登場頂いたまさ37さんからのご紹介で取材させていただいたのですが、やはり「類は友を呼ぶ」と言いますか、ご家族想いでクルマ愛に溢れた方でした。

マットについての感想も熱く語って頂きとても嬉しかったです。

そしてパーツを購入した時は奥様に気づかれないようこっそり荷物を受け取るという「あるある」をお話してくれたりするお茶目な一面も・・・(* ´艸`)

ひらひらひらやんさん、この度はお暑い中ご協力頂き誠にありがとうございました(^^)
これからも燃費の良いプリウスで沢山お出かけして下さいね~
今日も最後まで読んで頂きありがとうございました(*^^*)

◆◆◆
そして、今回の記事が最後の「#エフボーイ」を探せ!!となります。
1年以上にわたって計12人の方にお会いさせて頂きました。
人の数だけ物語があって、車というものは私が考えていたよりもずっと深く人生に寄り添う存在であるということを教えてもらいました。
ご協力頂いた皆様に改めて感謝致します。
最後までお付き合い頂き本当にありがとうございました(^^)/~~~




前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ