和歌山県橋本市 フロアマット製作専門のFJ CRAFTは、縫製の美しさにこだわった商品を日本全国に販売しております。

RSS

車の豆知識~エンジンオイル編~

カテゴリ : 車の豆知識
こんにちは~ヽ(^o^)丿
SNSの尾です♪

新年を迎えて、気持ちを新たに家を模様替えしようかな、、と思っております(*´ω`*)
皆さんは、新年を迎えて新しく始めたこと、新しく始めようかなと思ってることありますか?

本日も、車の豆知識をお送りしたいと思います♪
今回のテーマは≪エンジンオイル≫について(*´ω`)
私も、そろそろオイル交換しないと、、と思いながらもなかなか行けずでしたが、先日やっと行ってきました♪

そんなエンジンオイル、交換時期や、もし交換しなかったらどうなるのか?など、調べてみましたので、知ってる方も知らない方も読んでいただけると嬉しいです( *´艸`)

◆エンジンオイルの役割は?
エンジンオイルは、エンジンがかかっている時に常に常にエンジン内を循環しています。
エンジンオイルの役割は、主に5つあり、
①潤滑作用
 →エンジン内の金属部品を滑らかに動かす
②密閉作用
 →エンジン内の気密を保ち、力の吹き抜けを防ぐ
③冷却作用
 →高温になったエンジンから熱を吸収し、必要以上の加熱を防ぐ
④洗浄作用
 →エンジン内の汚れや金属カスを洗い落とす
⑤防さび作用
 →オイルで膜を作り、水分等が直接触れないようにしてさびの発生を防ぐ

◆オイル交換時期の目安
ターボ車は、5000kmまたは6ヶ月
ターボ車以外は、10,000kmまたは6ヶ月
・ガソリン車の場合
ターボ車は、5000kmまたは6ヶ月
ターボ車以外は、15,000kmまたは1年
・ディーゼル車の場合
5,000km~10,000km



オイル交換時期の目安ですが、あくまでも「目安」ですので、自分の車の使用状況と相談しながら、オイル交換しましょうヽ(^o^)丿

ちなみに、滅多に乗らない車でも使用状況にかかわらずエンジンオイルは劣化します !
あまり乗らない車でも、1年に1回はオイル交換してあげましょう♪

◆オイル交換しないとどうなるの?
では、オイル交換をせずに劣化したエンジンオイルを使い続けているとどうなるのでしょうか。
1、車のパワーの悪化・燃費の悪化
2、エンジン内部の部品の損傷
3、エンジンの焼き付き
  →エンジンが焼き付いてしまうと修理で直らないことがほとんどです。

劣化したオイルを使い続けると起こる故障をサラッと挙げましたが、実はどれも高い修理費がかかります



忙しい毎日で、オイル交換に行く時間がない方もいらっしゃるかもしれませんが、きちんと定期的にオイル交換をしないといけないですね( `ー´)ノ


最後まで読んでいただきありがとうございました♪

2018-01-10 09:43:50 | コメント(0)

■コメントを投稿する

名前:

URL:

コメント:

削除用パスワード設定:

投稿用画像認証:

※画像の中の文字を半角で入力してください